平祐奈が震災を体験した少女役に挑戦。ドラマへの熱い思いを語る! 

NHK BSプレミアムでは、3/9(土)に平祐奈主演のドラマ「女川 いのちの坂道」を放送します。

この作品は、2011年3月11日に発生した東日本大震災で甚大な被害に見舞われた宮城・女川町が舞台。海岸線や坂道の起伏が多い女川の地形を効果的に映像化するため、全編4Kドローンカメラで撮影しました。当時小学校卒業間近で被災した子どもたちが中学1年生の時に立ち上げたという、女川町にある21カ所の浜全てに石碑を建てていく「女川 1000年後の命を守る会」の活動は、今年成人式を迎えた今も続いています。このドラマは、それを基に復興半ばの街と20歳の若者たちの歩みをフィクションとして“ロードムービー”タッチで描いた物語です。