まるで彼氏気分!? 斬新な”主観ドラマ”に挑む桜井日奈子に直撃!

桜井日奈子主演の主観ドラマ「オートリバースの恋」が、1月12日にNHK BS8K、1月13日にNHK BS4Kにて放送。“主観ドラマ”とは、カメラが主人公の目線になってストーリーが展開していく形式で、視聴者自身が主人公になったかのような気分を味わえるドラマ。物語の主人公は、大手企業に勤め、家庭にも恵まれた会社員・タロウ(声・小関裕太)。30年前に別れた彼女(桜井)との「30年後に、江の島でまた会おう」という約束を果たすため、ウオークマンで最後のデートを録音したテープを聞きながら、思い出の地を巡る。そこで今回は、別れた彼女を演じた桜井日奈子から撮影の裏話などを直撃した。

――挑戦的で不思議な作品だと思うのですが、最初に台本を読まれた感想を教えてください。

「正直、オートリバースという意味が分からなかったので調べました。『タロちゃんはデート中にずっとテープを回していたんだな』と気付いた時に、オートリバースの意味を理解しました。結婚して子どももいるのに『もし、あの時自分が夢を追いかけていたらどうなっていたんだろう?』と30年前のデートのことを思い出してしまうタロちゃんの気持ちは、年齢を経ていないので分からないんですが、そういうものなんだろうなと思います。共感とまではいわないかなくても、きっと何年も経って“もしこうだったら、ああだったら”と考える。人間って、そういうものなんでしょうね」

――ドラマは臨場感があって、桜井さんと一緒にデートしている不思議な気分になれました(笑)。ご自身は実際にドラマをご覧になっていかがでしたか?

「主観ドラマというのは聞き慣れない言葉でしたし、どんな作品になったんだろうとワクワクしながら見ました。音がすごいですよね。誰かの話し声がしていると思ったら、反対側では電車が走る音がして…。自分の足音やいろんな音が混ざっていて、本当に作品の日常に溶け込んでいる感じというか。『あ、これが主観という意味か』と、音を聞いて納得した感じです。でも、自分が出ていたのでそわそわしちゃって(笑)。耳元でささやいている場面は、自分でもドキッとしました。とにかく音にこだわったドラマです」

――ドラマの中では、常にカメラに向かって演技をされていましたが、その形で撮影をされたことはありましたか?

桜井「ないです。通常のお芝居だと相手の演技を受けてどう反応するかですが、全部カメラの向こうのディレクターさんの合図で演技をするので、今までにあまりやったことのない感じでした」

――通常のドラマとは違う作品の作り方ですが、撮影で苦労したことは何でしょうか?

「セリフを収録する時が一番緊張しました。声優ではないので専門的な技術はないですし、声だけで伝えるということに『本当に大丈夫かな』という不安はありました。でも、スタッフの皆さんが『すごく良かったです!』と褒めてくださったので、あまり気負うことなくできました」

<次のページ:セリフ収録の時に心がけたこととは?>