AKB48 チーム8 新メンバーが握手会に初参加! 最年少は福島県代表の長谷川百々花12歳

パシフィコ横浜で開催中の「AKB48 56th シングル『サステナブル』劇場盤発売記念大握手会」に、「チーム8代表不在県メンバー募集合同オーディション」に合格したメンバーが参加! 秋田県・岩手県・福島県・新潟県・静岡県・三重県・兵庫県・鳥取県・岡山県・宮崎県、10県の新規加入メンバーが初の握手会に参加した。

(写真前列左から)三重県代表・松村美紅、兵庫県代表・福留光帆、鳥取県代表・徳永羚海、岡山県代表・蒲地志奈、宮崎県代表・上見天乃  (写真後列左から)秋田県代表・布谷梨琉、岩手県代表・井上美優、福島県代表・長谷川百々花、新潟県代表・塩原香凛、静岡県代表・鈴木優香

握手会開始前、新規メンバーらは会場に設置されたモニターに登場しファンにあいさつ。秋田県代表の布谷梨琉は「最初は大きい人と覚えてください」と171cmの長身をアピールし、静岡県代表の鈴木優香は「富士山よりビッグになりたいです!」と力強く意気込みを語った。

また、先日のチーム8全国ツアー愛媛県公演で初お披露目された兵庫県代表・福留光帆、鳥取県代表・徳永羚海、岡山県代表・蒲地志奈は、早くもキャッチフレーズを披露。初々しい新メンバーのあいさつに会場からは大きな声援が送られた。

握手会終了後、最年少12歳の福島県代表の長谷川百々花は「たくさんの人がいて緊張したんですけど、次の握手会の時にもっと上手に話したいです」とコメント。13歳の鳥取県代表・徳永羚海は「今日握手会をやってみて緊張したんですけど、ファンの方が温かく迎え入れてくれて、とても楽しかったです」と初の握手会を振り返り、フレッシュな感想を語った。

<次ページ:柏木由紀、岡部麟、小栗有以らメンバーのコメントを紹介!>