【連載】PLAYBACK 1997→20XX 第10回 B.L.T.2000年.11月号

センターグラビアには先日、第一子の妊娠が発表された田中麗奈(20)が登場。インタビューでは、スイスなどで撮影した写真集について言及し「アルプスの少女ハイジ気分でした(笑)」とコメント。
そして巻末は、川村亜紀(19)、小池栄子(19)、佐藤江梨子(18)の3人の水着グラビア。セブ島で撮影されたナチュラルで解放感たっぷりな笑顔とド迫力なボディーに、つけられたタイトルは「oppai ga ippai」となっています。

 

ほか誌面では、さまざまな3周年にちなんだSP企画を
3周年記念企画のアンコールインタビューには、海外での撮影やセンターグラビアなどに登場してくれていた国分佐智子(23)が登場。過去の誌面を見ながら「若いなぁ」を連発。にっこり笑った写真を指差し「今は、こんな笑顔できないです(笑)」と、撮影を振り返ってくれています。また、’98年9月号の特集が好評だった「ルパン三世」の生みの親・モンキー・パンチ氏にもインタビュー。何年たっても色あせないキャラクターの魅力について、連載が大人向けだったことや、当初細かな設定がなかったことなどを明かしてくれています。
また、連載「小川直也の人生相談」も3ページの拡大版。いじめられているという中学生の相談には「怯えていてはダメだ。自分の身は自分で守れ」と、恐怖心を取り除くためにも身体を鍛えることを指南。アニメやゲームの美少女に夢中で、このままでは一生ナマの女の子と仲良くなれないかもと不安を語るオクテの学生には、「まずはホンモノの女性のぬくもり感じることが大事、話はそれから。アニメと違って身体はあたたかい(笑)」と語っている。新人編集のチャレンジ企画も3周年の特別版。アニキ小川直也に師事し、柔軟、腹筋、ミット打ちなどトレーニングに励むようすを紹介している。

プレゼントも3周年企画。愛のタネ3点セット
当時のB.L.T.のプレゼントページには、表紙の広末をはじめ、内山理名(18)、平愛梨(15)など連載陣など誌面に登場してくれた総勢16人がサイン入りグッズを手ににっこり登場。「私の大好きな花を育ててください💛愛のタネプレゼント」と題して、それぞれが好きな花のタネ&植木鉢&スコップの3点をセットでプレゼントしています。

 

 

※名前の後の( )内は、掲載当時の年齢

「PLAY BACK 1997→20XX」は毎週月曜日更新
次回は、9/9(月)です。