飯豊まりえが過去の隠したい“秘密”のエピソードを告白!

真実は、勝たなければ“真実”にはならない——。最高視聴率25.5%を記録した韓国の大ヒットドラマを、テレビ朝日が日本バージョンにリメークした「サインー法医学者 柚木貴志の事件―」(テレビ朝日系)。どこまでも“真実”と“正義”に忠実に、遺体の声なき声に耳を傾ける法医学者たちが、不都合な“事実”を隠蔽いんぺいする権力社会に立ち向かっていきます。柚木貴志に師事する新人解剖医・中園景を熱演する飯豊まりえちゃんにインタビュー! 憧れの先輩についてや、最近新人デビューしたこと、隠し通したい“黒歴史”(!?)など、盛りだくさんでお届けします!

——出演が決まってからの心境を教えてください。

久々の連ドラだったんです。「白い巨塔」(テレビ朝日系)から医療モノ続きだったんですけど、今回はまた違う雰囲気で。自分があまり演じたことないような役柄でもありました。医師役も初めてでしたし、解剖医という職業についても知識がない状態からだったので、新しい経験ができることが楽しみでした。憧れの先輩たちとご一緒できるというのも大きく、「いい夏になったらいいな」という思いで毎日過ごしています。

——今回、役づくりの上で工夫していることはありますか?

実際に解剖医の方のお話を伺ったりしています。また、解剖医は結構強いメンタルを持っていないといけないので、あえて強くいようと意識していますね。

——解剖シーンにも挑戦されていますが、いかがですか?

人の皮膚と人形とでは、切る感覚が違うんです。なので、実際に人が寝ている状態でのシーンはすごく緊張しますね……。

——先ほど、「憧れの先輩」というお話もありましたが、特に共演が楽しみだった方はいらっしゃいますか?

大森南朋さんは2年前に「居酒屋ふじ」(テレビ東京系)という番組で共演させていただいて。今回はバディー役ということで、しっかりしなきゃと思いましたし、いいところや成長した姿を見せられたらいいなって(笑)。

 

<次ページ:飯豊まりえが隠蔽いんぺいしたいかわいいエピソードを告白!>