【連載】PLAYBACK 1997→20XX 第6回 B.L.T.2014.5月号(創刊200号)

連載に目を移すと、AKB48連載では、総監督・高橋みなみ(22)が「大組閣」について言及、AKB48の国内4グループはもとより、乃木坂46を巻き込んだ大シャッフルに、「反対意見があってもついて来てもらうしかない」と、自身も驚きの組閣であったことを告白。公演が控えていた国立競技場でのAKB48単独コンサートは“祭り”にしたいと意気込みを語っています。

乃木坂46連載「NOGISTYLE」には、8thシングル「気づいたら片想い」で、センターに抜擢された西野七瀬(19)が登場。期待と不安が入り乱れた心境と、MV撮影のエピソードなどを語ってくれています。

 

ドラマのヒロインも続々登場!グラビアも盛りだくさん
テレビ誌らしく、春の新ドラマのスタートに合わせて、上野樹里(27)、忽那汐里(21)、西内まりや(20)のグラビアとともに、ドラマ時間割表を掲載。編集部員とライター陣による座談会を行い注目のドラマを紹介。連ドラ2本に出演する有村架純(21)、広瀬すず(15)、門脇麦(21)、松岡茉優(19)を春ドラマの注目女優としてピックアップしている。

ほか、大原櫻子(18)、小松菜奈(18)、田辺桃子(14)をフレッシュガールとして注目。引っ越し編、バイト編、街散歩編など、東京での新生活が始まった女の子の姿をイメージしたドラマ仕立てのグラビアで紹介している。

そして、センターグラビアには新川優愛(20)が登場。取り外し可能なミニブックとして20ページの大ボリュームでロンググラビアを掲載。巻末では、発売直前だった広瀬すず1st写真集「suzu」から水着姿など貴重なカットを先行公開。アイドリング!!!の石田佳蓮(17)もキュートな水着で巻末を締めくくってくれました。

 

※名前の後の( )内は、発売当時の年齢

第7回は、8/12(月)更新。