【連載】PLAYBACK 1997→20XX 第6回 B.L.T.2014.5月号(創刊200号)

B.L.T.の誌面を飾ってくれた女優やアイドルを振り返る連載「PLAYBACK 1997→20XX」。第6回は、創刊200号となった2014年5月号をプレイバック!

表紙を飾ったのはHKT48。3rdシングル「桜、みんなで食べた」の発売タイミングに合わせて、指原莉乃(21)、兒玉遥(17)、宮脇咲良(16)、そして楽曲のWセンターを務めた田島芽瑠(14)&朝長美桜(15)の5人が表紙に登場。めくると広がるワイド表紙になっており、関東版は指原、関西版が朝長、中部版に宮脇、そして九州版は田島、北海道版は兒玉のソロカットが掲載された5地区刷り分けとなっている。

巻頭グラビアには表紙と同じく篠山紀信氏の撮影で、初選抜入りした矢吹奈子(12)、田中美久(12)をはじめ選抜メンバー16名全員が登場。続くページはHKT48の連載で、Wセンターのめるみお(田島&朝長)、小学生コンビ・なこみく(矢吹&田中)のグラビア&インタビューを掲載。当時、矢吹は身長138cm、田中も142cmで、学校で並ぶときは1番前だったとか。選抜入りを聞いた次の日に、指原とみんなで楽しくしゃぶしゃぶを食べたとうエピソードを語ってくれています。
また今号では、HKT48とB.L.T.が初めてコラボした特別企画も実施。“これを着たら推しメン認定”をテーマに、47人のメンバー1人ひとりがデザインを考案した「推しメンTシャツ」を期間限定で完全受注生産。指原の「指原祭始まる。2014 ~序章~」や松岡菜摘(17)の「723💛」など、メンバーの絵心や個性が際立つオリジナルTシャツが販売されました。

 

<次ページ:髙橋みなみが「大組閣」に言及! グラビアには女優陣も続々と登場>