STU48号初の東京公演リポート&写真を大公開!! 新曲「大好きな人」も披露

 瀬戸内の波を思わせるようなダンスが印象的な「瀬戸内Blue」のあとは、本公演の見どころでもある“海 Song”のカバーコーナーへ。瀧野由美子のサックスきっかけで始まる「島唄」や、甲斐心愛のコミカルなウクレレ演奏きっかけで和やかな空気になる「亜麻色の髪の乙女」、ファンとの掛け合いで盛り上がる「め組のひと」では福田朱里が「STU48初めての東京公演ですよー! 歴史に残る1日にしましょう!」と煽り、会場の温度感も更に上がる。世代を超えた印象的なカバーソングのあとは、STU48の2ndシングル「風を待つ」をしっとりと歌い上げた。

MCの前半では、本日会場のほとんどのお客様が初めての「GO!GO! little SEABIRDS!!」公演ということで、瀬戸内の良さを伝える“瀬戸内プレゼン大会”トークへ。甲斐心愛の「夏の夜に山にいけば無料で動物に会える」や、今村美月の「地元愛が強い人が多い」などの地元トークに花を咲かせました。後半のMCでは、これまでのセットリストの内容を振り返った。

そのあとは7/31(水)リリースとなる3rdシングル「大好きな人」を歌唱。今村美月が「この曲は大切な人との別れを歌った曲ですが、その別れの中に大切な人を想う切ない気持ちが込められているすてきな曲になっています。」と曲を紹介し、これまでとは違ったメンバーの表情にファンの心も動くパフォーマンスとなった。

しっとりとした空気の後は、藤原あずさのファンとの「GO!GO! little SEABIRDS!!」にちなんだコールアンドレスポンスを行い、「出航」をきっかけに「STU48 Song」コーナーがスタート。瀬戸内の名物が分かる「STU48 瀬戸内ver.」など、これまでSTU48の活動を振り返るような曲たちにファンの盛り上がりも最高潮に!

 

 

<次ページ:岡田奈々&瀧野由美子メッセージも!!>