「ちょっとコワいよね(笑)」齋藤飛鳥&与田祐希が語る乃木坂46メンバー愛

乃木坂46のドキュメンタリー映画第2弾「いつのまにか、ここにいる Documentary of 乃木坂46」がいよいよ公開。「最初のころは何を撮っているか知らなかった」とメンバーが語るように、まさに自然体でメンバーたちの素の表情が詰まった本作。映画の見どころや今回の映画を見て改めて感じたグループの魅力を、1期生・齋藤飛鳥と3期生・与田祐希に語ってもらった。

前作「悲しみの忘れ方 DOCUMENTARY of 乃木坂46」から4年ぶりとなる今作では、初のシングルミリオンセールスや日本レコード大賞受賞を果たした2017年、史上初の明治神宮球場&秩父宮ラグビー場での2会場同時ライブ開催やレコ大2連覇を成し遂げた2018年、そしてエースであり絶大な人気を誇ったメンバーの西野七瀬が卒業し、新たな時代を迎えた2019年と、近年のグループの歩みをメンバーたちの証言でつむぎ、少女たちが抱える心の葛藤や成長を、これまでにないほどの親密な距離感で描き出していく。

<次のページ:齋藤飛鳥&与田祐希コメント①「こんなに人にくっつくなんてビックリ(笑)」>