AKB48・込山榛香SPインタビュー「変化や成長を感じてもらえたら」


──出演回以外で、オススメの回はありますか?

「9期さんの回(『絆が強過ぎるAKB48 9期生の旅』)、子役の旅(『元子役だらけで登山旅行』)も好きでした。あと、おバカの旅(『おバカ3人 路線バスの旅』)も(笑)。普段はあんまり接点のない組み合わせの回も面白かったし、私のようにそこからできる絆もあった番組だと思います」。

──今また、「AKB48旅少女」で旅ができるなら?

「昔の私みたいに、不器用でなかなか自分が出せなくて悩んでいる後輩メンバーと旅がしたいです。私が柴田阿弥ちゃんにしてもらったように、いろいろ教えてあげたいですね。あと、卒業されている方もいるので難しいと思うんですけど、チームKの歴代キャプテンで旅をして、それぞれのキャプテン時代のKを教えていただきたいです。今のKは和気あいあいな雰囲気ではありますけど、自分が不器用で悩んでいたからこそ、キャプテンとしてかつての自分と似ているところがある不器用なメンバーたちをどう開花させられるか悩んでいて、そういうことも歴代キャプテンのみなさんと話してみたいですね。私、キャプテンになる前は、自分の夢のためにグループに入ったんだし、AKB48は夢への通過点で、夢への土台を作ってステップアップするための場所だと思っていましたけど、この1年で私がAKB48の土台になるんだって思い始めたんです。チームKが輝けるならって、今は思います。劇場公演のときにどのメンバーを見ても愛おしさがこみ上げてくるというか、キャプテンになったことで私は大きく変わりました」。

──今、当時の自分にメッセージを送るとしたら?

「周りをもっとよくちゃんと見たら、周りの人も自分のことを見てくれてるよって言いたいですね。当時は周りが見えてなかったし、周りの人も自分を見てくれてるなんて思ってなかったです。でも、当時から本当にいろんな出来事があって、そのたびにこんなにもたくさんの人たちが私を見てくれていたんだって気づきましたから」。

●Profile
’98・9・12千葉県出身。乙女座。’13年にAKB48第15期生オーディションに合格し、’16年の「ハイテンション」でシングル表題曲歌唱メンバーに初選抜。’18年4月からは、チームKのキャプテンを務めている。

text=大久保和則

 

2/6(水)スタート
AKB48 旅少女
毎週水 後11・30〜深0・00ほか [CS] MONDO TV

 

(C)東京ニュース通信社