AKB48の9期⽣が10周年を迎え、横山由依、永尾まりやら現役&卒業生6名が劇場に集結! 

11月29日、AKB48劇場にて、⼤場美奈、島⽥晴⾹、⽵内美宥、永尾まりや、⼭内鈴蘭、横⼭由依の6名によるAKB48・9期⽣10周年公演が開催された。
この6名は’09年に⾏われた「AKB48第9期⽣研究⽣オーディション」に合格し、同年11⽉15⽇に同じくこのAKB48劇場で開催された、8期・9 期研究⽣による「アイドルの夜明け」特別公演で劇場公演デビューしたAKB48の9期⽣メンバー。現在、永尾、島⽥、⽵内はAKB48を卒業して新たな道に進み、横⼭はAKB48、⼤場と⼭内はSKE48 のメンバーとして活動している。

今回のの9期⽣10周年公演は、2017年11⽉2⽇に永尾を除く5名で開催した「9期⽣公演 〜2年後また逢おう!~」公演から、まさに2年後に開催。当時島田は「9期⽣が(デビューから)10周年を迎える2年後、今⽇はいない同期⽣も含めて何かできたらいいな」と語っており、永尾も加えた6名でその思いが実った。

横山らは「長い光」「君と虹と太陽と」「ポニーテールとシュシュ」「Everyday、カチューシャ」など、アンコールを含め全20曲を、10年分の感謝と愛を込めて披露した。

 

 

<次ページ:大場、山内、横山らのコメントを紹介!>