【連載】PLAYBACK 1997→20XX 第19回 B.L.T.1999年9月号

センターグラビアには矢田亜希子(20)が登場し、小雨交じりのロケの中、しっとりと大人の表情をみせてくれています。別ページのオフショット紹介コーナーでは、雨の中でも横たわる彼女の姿や、「汚れたTシャツでも美しい」と、にっこり微笑む彼女の笑顔も紹介しています。

連載に目を向けると、毎回、各局の女子アナウンサーが登場する「女子アナ夢想」には、フジテレビの春日由美アナウンサーが登場。大学入学時に木村郁美(元TBSアナウンサー)の勧誘を受けて放送系の部活に参加。「『わたしも帰国子女よ』と話してくれて心強いと思いました」とエピソードを明かし、アナウンサーとして「心に言葉の種をまいていきたい」と。

 

巻末グラビアは色とりどりビキニ姿で8人の美少女が登場!
巻末には黒いビキニ姿の吉井怜(17)など、美少女8人が登場し、まぶしい水着姿と夏の思い出を披露! 吉井は、「週イチで友達と花火をしていた」と高1の夏の思い出を告白。内藤陽子(18)は白いビキニで、濱松咲(16/現濱松恵)はオレンジ、高以亜希子(20)が黄色、伊藤絵理香(18)がラベンダー、中島礼香(18)も水色のチェック柄のビキニで登場。最年少の大村彩子(14)も、初々しい水着姿を披露しています。最後は収まりきらない魅惑のボディーをグラビア各誌で披露してきた酒井若菜(18)が花柄のビキニ姿で登場。小学校5年生の時に海でテトラポットの間に落ちてしまったというエピソードを告白。水着姿でファンの目をくぎ付けにしてきた彼女だが、それ以来、実は「“海嫌い”です」と明かしてくれています。

 

 

※名前の後の( )内は、掲載当時の年齢

「PLAY BACK 1997→20XX」は毎週月曜日更新
次回は11/25(月)です。