【連載】PLAYBACK 1997→20XX 第15回 B.L.T.1998年6月号

B.L.T.の誌面を飾ってくれた女優やアイドルを振り返る連載「PLAYBACK 1997→20XX」。第15回は1998年6月号を紹介します。

表紙を飾ってくれたのはEvery Little Thingの持田香織(20)。クールでキュートな歌声で男女を問わずアイドル的な人気も得ていた彼女。グラビアでは、真っすぐな眼差しでカメラを見つめる凛とした姿や、涙を浮かべた憂いある表情など表紙の笑顔とはまた違った魅力があふれるカットが続いています。
インタビューでは最近感動したこととして姪っ子の誕生をあげ、休日返上で受験した自動車免許の本試験に落ちたことにご立腹でした。

続くグラビアページには藤原紀香(26)が登場。当時4クール連続でドラマに出演中だった彼女。4ページにわたるロングインタビューでは、両親が「今もお見合いさせようとしている」と明かし、’92年のミス日本グランプリ受賞もお見合いで箔をつけるために母親が応募していたなど数々の裏話を披露。嫌いな男性のタイプは「浮気する人」と語っています。

また今号では広末涼子(17)のラジオ収録現場に密着。お化粧は息苦しい……と、スッピンで登場しています。

センターグラビアには松本恵(15/現・松本莉緒)が登場。白のノースリーブに青のロングスカート、黒ワンピースにチャイナシャツなど、4ポーズの衣装で7ページにわたり、等身大の笑顔から15歳とは思えない大人っぽい表情が掲載されています。

連載に目をむけると、吹石一恵(15)が「Fukiy通信」を連載中。中学を卒業した彼女が女子高生となって初登場。女の子ばかりの学校生活に「まだ違和感」と明かしつつも、「友達100人つくる!」と宣言。女子アナウンサー連載「女子アナ夢想」にはTBSの広重玲子アナウンサーが登場。約20年前ながら「携帯電話を持っていない」と告白。「ずっと仕事をしている感覚になりませんか?」と逆質問し、「まだ持たないで頑張ってみます」と語っています。声優連載「声の女神たち」には、舞台など幅広く活躍していた桜井智(現・櫻井智)が登場し、ストイックな素顔がのぞくインタビューを掲載しています。CDレビューページのピックアップアーティストは岡本真夜(24)でした。

 

ほか誌面ではバラエティーや情報番組で活躍中の美女&美少女を大特集。藤崎奈々子(20)は、「普段はフニャフニャなんですけど、『ウッチャンナンチャンのウリナリ』(日本テレビ)だけはガンバレちゃうんです」と。ほか黒谷友香(22)や、さとう珠緒(24)をピックアップしグラビア&インタビューを掲載。彼女たちをはじめ、ほか注目の美少女たちが出演する番組の時間割や、女子アナウンサーの時間割を掲載しています。

 

<次ページ:釈由美子や松尾れい子の水着グラビアを掲載。深夜番組や話題のドラマなど特集企画も盛りだくさん。>