与田祐希「泣ける舞台」 坂道グループ出演「ザンビ」舞台初日前会見

乃木坂46・欅坂46・けやき坂46の“坂道”グループが共演する舞台公演「ザンビ」(11/16金~25日)の会見が行われ、乃木坂46の梅澤美波、久保史緒里、山下美月、与田祐希、欅坂46の小林由依、菅井友香、土生瑞穂、守屋茜、けやき坂46の柿崎芽実、加藤史帆、小坂奈緒、齊藤京子ら出演メンバーが出席した。

 

いまだ全貌が明らかにされていない「ザンビプロジェクト」の第1弾として公演される本舞台。TEAM“RED”とTEAM“BLUE”のダブルキャストで公演され、“濡れる”や、“汚れる”などをリアルに体感できるスペシャルシートが設けられた体感型舞台となっている。

 

また今回の会見でVTRで乃木坂46の齋藤飛鳥が出演することが明かされた。

 

TEAM“BLUE”を代表して久保史緒里が「謎だらの舞台になっているんですけど、みなさんの期待をいい意味で裏切られるような舞台になっているんじゃないかと思いますので、TEAMは違えど、ここにいる12名全員でがんばっていきたいなと思います。よろしくお願いします」と、意気込みを語ると、TEAM“RED”代表して与田祐希も「ザンビプロジェクトという大きなプロジェクトの第1弾がいよいよ始まります。一言で言うと、今回の舞台はすごく泣ける舞台になっていて、ホラーの怖さだけの涙ではなく、友情だったり人間としての優しさだったり。逆に人間だからこその怖い部分も繊細に描かれています。演じている私たち自身もたくさん心を動かされる部分もあるので、みなさんも感動だったり、共感だったり、もどかしい気持ちだったり、いろんな気持ちになっていただけるんじゃないかと思います」とみどころをアピールした。

出演者コメント
【TEAM “RED”】