声優・貫井柚佳さんが「アイドル」役を演じるとき……。SPインタビュー

深夜アニメ「Back Street Girls -ゴクドルズ-」が好評放送中! B.L.T.webで始まった「ゴクドルズ虹」の貫井柚佳さん、前田佳織里さん、赤尾ひかるさんの短期連載第1回目は、ゴクドルズのリーダー・山本アイリ(健太郎)のCVを担当する貫井柚佳さんが担当。作品のテーマでもある「アイドル」についてお話を聞いてきました!

 

ゴクドルズのリーダー・山本アイリと同じポーズでパチリ☆

 

全身整形、そして性転換した極道の男性がアイドルなるというスゴイ設定なうえ、そのアイドルグループを背負って引っ張っていくリーダー役ですが、ご自身と山本アイリというキャラクターとの共通点はあったりしますか?

「私は中学・高校とやりたい部活が無かったので自分で作ったことがあるんです。中学生の時は『陸上同好会』、高校生のときには『女子サッカー同好会』。どちらも会長として立ち上げて、人を集めて、予算委員会に掛け合って……ということをやってきました。やりたいことがあると『自分で始めればいいじゃん!』と思うタイプです。アニキ分とは少し違うのかもしれませんが、自分で行動することが好きなので『リーダーとしてみんなを引っ張っていく』というところは共通するところかなって思います」。

 

テーマがアイドルの作品です。では、ご自身にとってのアイドルというと?

「アイドルっていうと私が思い浮かぶのは山口百恵さんです。私が生まれたときには引退してずいぶん経っていますが、現在でもバラエティー番組で名前をお見かけしたり、CMなどで歌も流れている伝説的なアイドルだと思っています」。

 

山口百恵さんというと世代がかなり違いますよね。ご両親の影響などはありました?

「やっぱり父が聞いていたのを耳にして……というのはあると思います。彼女自身が持つ不思議なオーラに惹かれて興味を持ったのですが、あの楽曲のカッコよさをあの年齢で歌い上げる……それを知った時が、私の中でアイドルの概念が崩れた瞬間でした。『こんなアイドルもいるんだ。唯一無二だな』って思いました。私は映像や音楽を聴くことでしかその当時の熱狂などを味わうことができないので、それが本当に悔しいです。デビュー時と引退前とでは声などもかなり変わっていて、それもすごいな~って。ライブ(コンサート)はカッコイイ、映画やドラマでお芝居もされていて、それが彼女にしかできない役でしたし。その上、引退の仕方や理由までカッコイイ。山口百恵さんという生き様がアイドルなんだな……って衝撃的でしたね」。

 

では、アイリを演じるうえで、参考にしているアイドルの方はいたりするのでしょうか。

「リーダーというポジションなので、いろんなアイドルグループを見てみたのですが、グループによってリーダーの在り方やキャラクターもまったく違うんですよね。だからこそ、それがとても参考になりました。ゴクドルズみたいなアイドルグループはまずいないので、『この方』っていう存在を絞ってはいないのですが、逆にコレだとハマったものはないとわかったので『ゴクドルズだったら?』と考えたとき、一番理想的なアイドルのリーダーを作ろうって思って演じています」。

PROFILE
アニメ「Back Street Girls -ゴクドルズ-」の放送に合わせて、ヒロイン(!?)3人を演じるキャスト3人が声優ユニット「ゴクドルズ虹」として活動中。8月29日(水)にゴクドルズ虹組アルバム「ゴクドルミュージック」発売決定!
貫井柚佳 12・30東京都出身。A型。山羊座。活動状況はTwitterをチェック。

 

 

「Back Street Girls -ゴクドルズ-」
毎週(火)深1・40~2・10 TOKYO MXホカ

アイドルとして人気がのびていくほど、極道としての心の叫びは増えていく……見た目は美少女、心は極道、そんなゴクドルズの3人はどこへ向かって行くのか。
キャラクターなどの詳細はコチラで!

photo=Marco Perboni