山田杏奈と玉城ティナがドラマ「荒ぶる季節の乙女どもよ。」でW主演!

山田杏奈と玉城ティナが、今年9月に実写ドラマとしてスタートする「荒ぶる季節の乙女どもよ。」でW主演に決定!

「荒ぶる季節の乙女どもよ。」は、「別冊少年マガジン」(講談社)にて連載されていた大ヒット漫画が原作で、昨年7月から放送されていたアニメ化に続きTBSほかにて実写ドラマがスタート。今作からMBS(毎日放送)のドラマイズム枠が火曜深夜に移行。関東・関西同日のスタートとなる。

本作は、皆、色恋沙汰とは縁遠い学生生活を送っていた、他の生徒から掃き溜めと揶揄されている文芸部に所属する女子高校生5人の物語で、山田杏奈が演じる小野寺和紗は、いわゆるザ・普通の妄想女子。幼なじみの典元泉との“とある事件”をきっかけに、ますます性に思い悩み始める文芸部の高校1年生だ。そして、和紗と同級生ながらも大人びており、ミステリアスな雰囲気の玉城ティナ演じる菅原新菜は、文芸部で「死ぬ前にしたいこと」について語り合っていた時、「セックスです」という一言を投じた、学内で噂の美少女。

さらに、この2人が所属する文芸部の部長、曾根崎り香役に、横田真悠。小野寺和紗の大親友の文芸部員・須藤百々子役に、畑芽育。そして、自身で小説も執筆しており謎の作家オーラを醸し出す文芸部2年・本郷ひと葉役に、田中珠里の出演が決定した。

小野寺和紗(山田杏奈)は高校一年生。彼女が所属する文芸部には現在5人の部員が在籍しているが、変わり者の多い文芸部は他の生徒からは「掃き溜め」と揶揄され、部員は皆、色恋沙汰とは縁遠い学生生活を送っていた。部活動で読む文学作品には性描写が含まれるものもあり、和紗はそこで描かれる行為に気恥ずかしさを覚える一方で、強く興味を惹かれる気持ちも否定できない。ある日、文芸部で「死ぬ前にしたいこと」について語り合っていると、部員の一人、菅原新菜(玉城ティナ)が投じた「セックスです」という一言。その瞬間から彼女たちは、これまで目を逸らしてきた自らを取り巻く”性”に向き合い、”性”に振り回される日々が始まるのだった…。

 

<次ページ:山田杏奈、玉城ティナら出演者5人の熱い思いをコメントで!>