柳ゆり菜が祇園のホステス役でホラーミステリーに出演!コメントも到着!

6/16(火)にスタートした5週連続特別ドラマ「探偵・由利麟太郎」の第2話(6/23(火)放送)「憑かれた女」に柳ゆり菜が出演。

「探偵・由利麟太郎」は吉川晃司演じる白髪の名探偵・由利麟太郎が、ミステリー作家志望の青年・
三津木俊助(志尊淳)とバディ―を組み、数々の奇怪な難事件に挑む横溝正史原作のホラーミステリー。

柳は、祇園のクラブ「マダム・シルク」のホステス・神崎美沙子を演じる。きつい性格で、同じ店で働くホステスの吉岡エマ(水上京香)を強く敵視し、いじめる存在。一方、エマは、得体の知れない“黒い影”に襲われる悪夢に悩まされ、心を病み、血まみれの女性の幻覚を見るなど、何かにとりつかれたように、意味不明な言動を繰り返す。そんなエマに嫌気がさした美沙子は、エマを「男の気をひいている虚言女」と激しく罵倒し…。

<次ページ:柳ゆり菜の初出しコメントや美沙子の裏の顔の写真も。>