民放連ドラ初主演の小芝風花が妖怪とルームシェア!?

今夏スタートのホラーコメディードラマ「妖怪シェアハウス」(テレビ朝日系)。小芝風花が妖怪たちに感化されボロボロのどん底からたくましく成長する主人公役で民放連続ドラマ初主演する。

小芝演じる目黒澪(めぐろみお)は人に嫌われることを恐れ、言いたいことも言えず、空気ばかり読んで生きてきた女の子。やりたいこともなく、とりあえず就職し、いずれは無難に社内恋愛、結婚、出産と考えていたのに、恋した相手は、究極のダメ男。この男が原因でお金に仕事に住まいまで奪われボロボロのどん底に陥った澪がたどり着いた先は、妖怪たちが生活するシェアハウスだった…。

やがて、澪が直面するトラブルや面倒な相手を、超がつくほどおせっかいな妖怪たちがしゃしゃり出て、「やり過ぎ」なほどの過激なやり方でやっつけていくことに。人の目を気にしたり、“普通”でいなきゃと悪目立ちすることを恐れたり、どこか怯えて窮屈に生きてきた澪が、自由にふるまう妖怪たちと関わるなかでたくましく成長していく姿を描いていく。

 

伝説の妖怪たちが続々登場!
「恨めしや~」で知られる四谷怪談のお岩さんや鬼の大将の酒呑童子、座敷童子、ぬらりひょんら妖怪が登場し、やや過激なやり方で何かとひどい目にあいがちな澪の窮地を同居人のよしみで救っていく。澪と同居する4人の妖怪のほか、2話では「皿屋敷」のお菊が、4話では今話題のアマビエが、6話ではギャルメイクの山姥が登場。シェアハウスを訪れる「ゲスト妖怪」を演じるキャストにも要注目だ!

 

<次ページ:小芝風花のコメントが到着!>