広瀬アリスが今夏放送の「世にも奇妙な物語」でホラーに挑戦!

広瀬アリスが今夏放送される「世にも奇妙な物語 ’20夏の特別編」(フジテレビ系)に初出演!

広瀬は、番組で放送される4つのオムニバスドラマのエピソードのうち、ホラーサスペンス「しみ」に初主演。クリーニング店の一人娘・三浦あずさを演じる。

ある日、あずさ(広瀬)は、店を訪ねてきた黒ずくめの謎の女(関めぐみ)にシャツについたチョコレートのしみをとって欲しいと依頼される。チョコレートならすぐにとれるだろうと作業するが、しみはなかなか落ちない。そのうち、しみが人間の顔の形のように見え始め、あずさの父親、五郎(宮川一朗太)が突如死亡してしまう。その時の様子をみて、両親が何か隠し事をしているのではないかと感じたあずさは、母親の康子(山口香緒里)を問い詰めると、父親の五郎が、過去に友人を助けるために殺人を犯し、それを隠蔽(いんぺい)していたことが判明。そしてあずさ自身もかつてその事件に関わっていた事を知るようになる…。

 

 

<次ページ:広瀬アリス「世にも奇妙な物語」初出演コメントが到着!>