桜井日奈子が“ブス”から“キュート”に大変身!? ときめきMAXなドラマでW主演!

女子のバイブル的存在として、根強い人気を誇る少女マンガ誌「マーガレット」と、オンライン動画配信サービスHuluがタッグを組み、マーガレット作品を“継続的に連続ドラマ化&Huluにて独占配信する”という珠玉の恋愛ドラマ・シリーズ「集英社マーガレット×Hulu『マーガレット Love Stories』」が今秋スタート。第1弾となる「マイルノビッチ」に、桜井日奈子の主演が決定! 神尾楓珠とともに、W主演を務める。

「集英社マーガレット×Hulu『マーガレット Love Stories』」では、「マイルノビッチ」のほかに小村あゆみ・著「神様のえこひいき」(’17〜’18年に掲載)、桃森ミヨシ・著「悪魔とラブソング」(’07〜11年掲載)を初実写化する。’20年秋に配信が始まる第1弾作品「マイルノビッチ」(’10〜’14年連載)は、単行本全12巻、累計発行部数が320万部超えを記録している佐藤ざくり著の人気作。桜井は、映画「ママレード・ボーイ」(’18 年)や「殺さない彼と死なない彼女」(’19年)のほか、2役を演じたドラマ「ヤヌスの鏡」(’19年)でも主演を務め、鮮烈な印象を残した。今回の「マイルノビッチ」では、自分をブスだと思い込んでいる、地味でモテない女子高校生・木下まいるを演じる。

 

<次ページ:桜井日奈子のコメントを公開!>