今泉佑唯が「100文字アイデアをドラマにした!」主演決定&1人5役に挑戦!!

note 応募総数 1932 件の中から選ばれたアイデアをドラマ化した「100文字アイデアをドラマにした!」(テレビ東京系)の第3話、4話の主演が今泉佑唯に決定!

 

今泉は、若妻役など初めての役も含め1人5役に挑戦。第1話、2話と同じ『彼女は「好き」が言えない』のテーマのもと、全く違った恋愛ストーリーを展開する。

本作は、テレビ東京と今注目のメディアプラットフォーム「note」とのコラボレーションによる連続ドラマ新企画で、同じくテレビ東京とnoteがコラボし’19年11月に放送したドラマ「知らない人んち(仮)」は、 プロ脚本家のシナリオとnoteユーザーのアイデアからつくられたシナリオの2つのドラマが進行するという前代未聞の試みで話題を呼んだ。「100文字アイデアをドラマにした!」では、note上で「テレ東で観たいドラマ」を100文字で募集し、 投稿されたアイデアの中からテーマを決定。さらに、そのテーマにそったシナリオを募集し、その中から選んだシナリオをもとにドラマを制作される。恋愛、コメディー、サスペンスなど、1つのテーマからさまざまな物語をおくる。

1月はnoteユーザー投稿アイデア「月がきれいですね」をもとに、『彼女は「好き」が言えない』のテーマにそった恋愛ストーリーを放送。約2週間シナリオを募集、応募総数 1932件の中からシナリオ を選び、第1話、2話での浅川梨奈に続き、今泉佑唯主演によるドラマが展開される。

 

 

<次ページ:1人5役に挑戦する今泉佑唯のコメントを公開!>