朝恋days-きっとカワイイ!FRESH GIRL-#32-3大谷凜香

朝恋days-きっとカワイイ!FRESH GIRL-#32

 

大谷凜香
otani rinka

 


今、注目のFRESH GIRLたちが、月〜金曜日の5日間、毎朝フレッシュな“カワイイ”をお届け!
彼女だちが“今の思い”や“これからの夢”を告白。さらにはお気に入りの“カワイイ”アイテムや、“朝”のルーティーンなど、たくさんのヒミツを紹介してくれちゃう企画です☆

 

32人目のFRESH GIRL大谷凜香ちゃんの3日目は、“お仕事”に関するいろいろ聞いちゃいました!

 

朝恋3days-きっとカワイイ!FRESH GIRL-
あつ〜い朝も、ねむ〜い朝も、これでキミも朝が好きになる!?

 

Q.お仕事を始めたきっかけを教えてください。

小学生の時から雑誌「nicola」が大好きでいつも読んでいて、自分も出られたらいいなと思いつつ行動する勇気がなかったんです。でも、中学校に入って仲良くなった子も「nicola」が大好きで、オーディションに誘ってもらい一緒に受けたことがきっかけです。

 

Q.ファッションに興味があったのですか?

祖母や母もおしゃれをすることが大好きで、母がよくファッション誌を読んでいたので自然に私もファッション誌を読むようになりました。ファッション誌以外の読み物のページもおもしろかったので「nicola」を好きになりました。

 

Q.オーディションの思い出はありますか?
当時、野球部に入っていたのですが、まさかオーディションに受かるとは思っていなかったので夏休みも日焼け止めを塗らずに野球をしていたんです。審査が進んでいくに連れて、「肌が日に焼けてしまっているのにどうしよう……」って(笑)。

オーディション会場へ行くとかわいい女の子がたくさんいる中に、日焼けした仙台の女の子がポツーンって立っているんです(笑)。オーディションに受かってからは、一生懸命日焼け止めを塗るようになりました。

 

Q.野球はいつまで続けられていたのですか?
モデルのお仕事を始めてからは、野球部のマネジャーになりました。でも、ミーティングの時にプレー経験があるからと意見を求められると、未経験の方が良かったかなと思ったりもしました(笑)。

Q.オーディションを経てモデルのお仕事から始められましたが、お仕事をしていてよかったと思う時はいつですか?
「ポケモンの家あつまる?」(テレビ東京)に出演させていただいているのですが、毎年夏と冬にあるイベントでは番組を見てくれている子どもたちとお話ができるんです。その時に、「好きです」「憧れています」ということを自分よりも年齢が小さい子たちから言ってもらえると、やっていてよかったなと思います。

 

Q.「ポケットモンスター」はお好きだったんですか?
幼稚園生、小学生の時、周りの女の子たちはかわいい着せ替えのゲームをしていたのですが、私は1歳上の兄の影響で「ポケットモンスター」などの男の子っぽいゲームをすることが多かったんです。大好きでずっと遊んでいたゲームの1つだったし、アニメも見ていたので、このお仕事ができることになって良かったです。

自分が大人になったからこそ分かったのですが、小さい時にハマったものって結構記憶に濃く残っているんです。「ポケットモンスター」のゲームをしている大学生の方たちも多くて、京都大学のポケモンサークルへ取材に行かせていただいた時はプレー中に統計をとっていて、ゲームの奥深さに驚きました!

 

Q.お仕事をしていて難しいと思うことはありますか?
たくさんあります。モデルのお仕事も、演技のお仕事も、いろいろな種類のお仕事をさせていただいている分、どのお仕事もやり方が違うところが難しいです。

モデルのお仕事だと、中学生の時はカワイイ服を着せてもらって、みんなでワイワイ楽しんでいたのですが、そういう時期が終わってすごく頭を使う仕事なんだと気付きました。私だけが服を着て人前に立ちますが、裏で支えてくれている方がすごく多いじゃないですか。だから、自分を見せるのではなく、そういった皆さんが作ってくれたものをプラスに見せられるようにたくさん考えるようになりました。

演技のお仕事では、セリフ1つにも言い方はたくさんあるのに、最後に採用されるのは1つだけじゃないですか。でも、その映像を見て抱く感情は人それぞれで……。視聴者の皆さまに伝わるように演じられているのかが分からないというのが不安な反面、すごくおもしろいなと思うし、最終的に使われる1つにたどり着くまでに現場で話し合いながら作り上げていく過程がすごく楽しくて……。大変な時もあるけど、結果「楽しい!」って思います。

 

Q.ポジティブなタイプですか?
感情の浮き沈みが結構あるタイプだと思います。でも、仕事で悩んだことって誰かに話せばスッキリはするけど、解決は仕事でしかできないから頑張り続けるしかないんです。

最近、「最終的には凜香ちゃんが決めていいよ」と言われることが増えてきて、大人になったのかなと実感すると同時に、これが仕事なんだと思う瞬間が多いです。

 

Q.お仕事をしていてやりがいを感じる時はいつですか?
みんなで考えたり、話し合ったことが実際に形になって出来上がるお仕事なので、完成したものを手に取ると「できた〜」と、やりがいを感じます。

<次ページ:凜香ちゃんが1番思い出に残っているお仕事は!? >