AKB48・寺田美咲がチーム8ツアー最後のコメント&サプライズ発表も!

10月6日に愛媛・松島市民会館大ホールにて「TOYOTA Presents AKB48 Team 8全国ツアー〜47の素敵な街へ〜」が開催された。’14年から始まったチーム8の全国ツアーは、愛媛県公演で43箇所目で残り4カ所で、中国・四国エリアは全県制覇となった。

前座では、愛媛県代表の高岡薫が「瀬戸内の声」をソロで披露し、 続いて「嘆きのフィギュア」や「四国のフィギュア」、そして四国メンバー4名でそろってパフォーマンスするなど、開演前から地元のファンを温めた。そして、本編冒頭ではSKE48やNMB48の楽曲を交えながら、高岡のバイオリン演奏や「Everyday、カチューシャ」などの楽曲で会場を盛り上がりを見せた。

さらに、ユニットコーナーの最後には、8月8日“エイトの日”に大阪のコンサートで発表された「チーム8代表不在県メンバー募集合同オーディション」で、見事県代表に選ばれた兵庫県新代表・福留光帆(ふくとめ みつほ)、鳥取県新代表・徳永羚海(とくなが れみ)、岡山県代表・蒲地志奈(かまち ゆきな)の3名が紹介され、「天使のしっぽ」を披露! 3人はパフォー マンス前に初々しく自己紹介をすると、歌唱中には早速、3人の名前の大コールが。温かいフ ァンの応援に、新メンバー3人は緊張しながらも一生懸命に歌って踊り、その声援に応えていた。

 

アピールタイムでは、兵庫県・福留光帆と鳥取県・徳永羚海の特技がソフトボ ールと共通していることから、サイン入りのボールを投打。すると、スピード感のある打球と、伸びるその飛距離に会場のファンも、ステージ上のメンバーからも大きな歓声が! さらに、岡山県・蒲地志奈の特技はジャグリングを披露すると、初ステージとは思えないほどの堂々且つクオリティーの高さいパフォーマンスに、またもやファンとメンバーからはどよめきが起こった。

個性豊かな新メンバーが加わったことにより、さらに進化するチーム8。茨城県代表・岡部麟は「新メンバーとともにこれからもチーム8 を盛り上げていきますので、皆さん応援よろしくお願いします!」と意気込みを語った。今後、他県の新メンバーのお披露目にも期待が高まる。

 

 

<次ページ:長崎県代表・寺田美咲がチーム8ツアー最後のコメント&ツアーの次回開催地も発表!>