AKB48 56thシングル発売記念イベント開催! センター・矢作萌夏「みんなを“すち”にさせられるようにがんばります!」

会場には約2千人のファンが集結。「Overture」に合わせ、メンバーがダイバーシティ東京プラザのステージに登場、AKB48の代表曲「フライングゲット」「大声ダイヤモンド」の2曲を連続で披露。

AKB48グループ総監督の向井地美音は「『サステナブル』発売記念イベント始まりました! 今日は雨の予報もちらっとあったみたいなんですけど、無事に曇りになりました! ゆきりんさん、ありがとうございます!」と前日の雨予報が外れたことを喜びつつも、グループ随一の雨女である柏木由紀を茶化しながら開会を宣言。

その後は、矢作萌夏から「次の曲は先日発売されたAKB48の56枚目シングル『サステナブル』です! 初めてのセンターでちょっと緊張するんですが、みんなを“すち”(矢作独特の“好き”の言い回し)にさせられるようにがんばります!」という紹介と共に新曲「サステナブル」を披露した。

「サステナブル」披露の後はミュージックビデオ撮影に関してのエピソードトークに。柏木由紀が「免許を取ってから初めての運転で、しかもオープンカー。一緒に乗せていた(白間)美瑠が昨日の動画配信で“田んぼに落ちそうな運転だった”と言っていたんですが、それは本当に盛り過ぎでそこまでではないです。本当に緊張しました」と話し、撮影の裏話に会場が和やかな雰囲気となった。

続いて、「言い訳Maybe」「重力シンパシー」を披露し、現在開催中の全国ツアー、そして「サステナブル」の全国握手会の話へ。村山彩希から全国握手会に関して「『サステナブル』の全国握手会も日程が発表されています。最近では今日のようにもっと多くの方にAKB48の見て頂くためにオープンスペースの会場を増やしていただいています。そちらもぜひ遊びに来て下さい!」とアピール。

ラストには「ヘビーローテション」を披露し、ミニライブは終了。その後は、集まったファンとのハイタッチ会を行った。

(C)AKS