伊原六花が初ナレーションに挑戦&生駒里奈がダンス部をリポート!

高校のダンス部日本一を決める「第12回日本高校ダンス部選手権(通称:ダンススタジアム)」。日本各地で行われた予選を勝ち抜いた強豪校が、ダンスの聖地と呼ばれるパシフィコ横浜で激突する。その全国大会に出場する有力校を徹底取材し、高校生たちの汗と涙に迫るスポーツドキュメンタリー番組「青春!ダンススタジアム 高校ダンス部 日本一決定戦2019」(フジテレビ系)が、9/1(日)に放送される。熱戦の模様を伝えるナレーターとして、女優・伊原六花が抜てきされた。

’17年の同大会で披露した「バブリーダンス」で、世間の話題をさらった大阪府立登美丘高校ダンス部の元キャプテンの伊原は、テレビ番組のナレーションは初。「まさか自分がこの番組のナレーションをさせてもらえるなんて、とても感慨深いです。決まった時はガッツポーズしたほどうれしかった!」とコメント。

ナレーションを読みながら、自身の高校3年間と重ね合わせ、映像に見入ってしまったという伊原。青春のすべてを賭けてダンスに打ち込む高校生達の姿に、ダンス部OGとして、熱い思いのこもった伊原のナレーションに注目だ。

 

伊原六花コメント
負けたら悔し涙を流せるほど、仲間と思いを1つにして夢中で続けられたあの経験こそが、宝物だったんだな、と改めて感じました。当時は、こんなに毎日朝から晩まで休みなく練習をして、ちょっとぐらい遊びたい! と思ったこともありました。海や花火にいった思い出はまったくないけど、それでもいいって思えるほどに、振り返ると素敵な経験。かけがえのない友達と、強い精神力を得られました。作品を創り上げていく過程や練習方法は、各高校それぞれの個性や伝統があります。それをこれだけ細かくとらえているのは、この番組だけ。ダンス部員からみても本当にリアルに描かれていると思う。ダンスをやっていない人も、高校生たちの熱い気持ちを肌で感じられると思うので、ぜひ見てほしいです!

 

<次ページ:生駒里奈は同志社香里高校のダンス部をリポート!>