SKE48 「アップカミング公演~THE END~」涙と笑顔で公演が閉幕!

アンコールで松村香織は、今回のアップカミング公演が開催できたとをファンに感謝。そして「もし大組閣がなかったら、きっとこのメンバーで研究生の活動をしていたと思うんです。でも大組閣があって、複雑な感情が生まれました。ドラフト1期生は悪くないのに強く当たってしまったりしたこともあったと思います。でもドラフト1期生がめげずにがんばってきてくれたからこそ、ドラフト2期生、3期生も愛されて、こうして活動できていて、本当にみんなのおかげだと思っています。そしてあの時はつらく当たってしまってごめんなさい」と、ドラフト1期生に対し感謝の気持ちを伝え謝罪。その言葉にドラフト1期生の福士奈央をはじめ、6期生メンバーは瞳を潤ませた。また、松村は実際の同期以上に同じ時間を共に過ごしてきたという6期生と一緒にステージに立ち、その成長した姿に「本当に悔いなく5/2(木)の最終公演を迎えることができます」と。そして「最後まで燃え尽きるぞー!」のかけ声で最後の曲「SKE48」を力いっぱいパフォーマンス。会場はサイリウムを振り、大きな声援でメンバーと一体になって歴史的な公演は幕を閉じた。

 

松村香織コメント
大組閣があって研究生が昇格してしまい(足りなくなって)研究生公演ができなくなったので、スタッフさんたちと一緒に考えてできたのがこの公演なんです。それをその時昇格したメンバーも含めた「6D1」でできたっていうのは私たちにとって、とても意味のあるメンバーでできたと思っています。この 6期生とドラフト 1 期生でこれからの SKE48 を引っ張っていってほしいなと思います。

青木詩織コメント
今日は 1 日とても楽しかったです。ファンの皆さんのおかげでこの公演ができたことと、私たちを育ててきてくれた香織さんがこうい う公演したいと言ってくれたからできた公演なので、とても感謝しています。ありがとうございました。

竹内彩姫コメント
私たち 6期生が1番大切にしている最初にいただいたオリジナル曲「夕立の前」をドラフト 1 期生と一緒にみんなで披露できたことが本当にうれしかったです。香織さんが卒業する前に 1 度きりということで、後悔なく楽しめました。

鎌田菜月コメント
今日の公演ができたのは、応援してくれているファンの皆さんの声が届いたもので、とても感謝しています。私たちががんばって SKE48を引っ張っていきますので、これからも応援よろしくお願いします。

井田玲音名コメント
今日の公演をとおして、私たち 6期生とドラフト 1 期生が SKE48 を引っ張っていかなければいけないんだなっていう使命を改めて感じました。最後の 1 曲をやりながら終わってほしくないと思うくらい楽しい公演だったので、皆さんの心の中にいつまでも残る大切な公演になっていればいいなと思います。