【僕キミ連載④】矢作穂香&福本莉子の初恋相手は同じ男の子⁉︎

——それでは続いて、タイトルにちなんでお2人の初恋についてお聞かせください。

福本「幼稚園の時です。すごいモテる男の子がいて、クラス中みんなその子のこと好きだったんじゃないかな〜。それで私も好き〜って(笑)」。

矢作「多分初めて“いいな”って思ったのは、幼稚園の年長さんぐらいだったかな。すごく爽やかで、スポーツができる子で。私もみんなが“いいな〜”って言っている中の1人でした(笑)」。

——「僕キミ」の登場人物で、恋人にするなら誰がいいですか?

矢作「そうですね……やっぱり律くんかな〜。劇中で結子が惹かれるのもわかるような純粋さと、一生懸命なところが素敵だなと思います」。

福本「昂サマの“ジェントルマン”なところがすてきです!」

——逆に「この人とは付き合いたくない」というキャラクターはいますか?

2人「この人は“無し”っていうキャラクターはいないかなぁ……」。

——2人がこれまでの人生で捧げてきたものを教えてください

矢作「中学生からやらせていただいているこのお仕事です!」

福本「部活もちょっとかじったぐらいだしなぁ…。やっぱりお仕事かなぁ。」

——平成も5月で終わってしまいますが、やり残したことはありますか?

矢作「今年っていう意味では新しい趣味を作りたいです。でも平成最後としては…….なんだか終わっちゃうと思うと、急に寂しくなってきました(笑)。年号をまたぐって、どういう感じなんだろう……。誰か昭和生まれの人に聞いてみたいですね!」。

福本「私は旅行がしたいです。行った事がない国に行ってみたいなぁ」。

穂香ちゃん、莉子ちゃん、ありがとうございました!

B.L.T.webでの「僕キミ」連載は、2人の対談で以上です。桜井日奈子ちゃんたちが演じる「僕キミ」の世界を、最終回までしっかりと見届けましょう!!

 

\直筆サイン入りチェキプレゼント!/
登場してくれた矢作穂香ちゃん、福本莉子ちゃんの直筆サイン入りチェキを抽選で1名様にプレゼント。応募方法はB.L.T.公式Twitter(@BLTTV)にて掲載! 詳細はこちら!!

 

●PROFILE
矢作穂香 honoka yahagi
’97・3・7千葉県出身。2010年のドラマ「夢の見つけ方教えたる!2」(フジテレビ系)で女優デビュー。「イタズラなKiss〜Love in TOKYO」(フジテレビTWO)では初のドラマ主演をつとめ、海外でも人気を博した。「僕らは奇跡でできている」(2018年、カンテレ・フジテレビ系)などの話題作に出演し、映画「鯉のはなシアター」(2018年)ではヒロインを演じている。

福本莉子 riko fukumoto
’00・11。25大阪府出身。2016年、第8回「東宝シンデレラ」オーディションにてグランプリと集英社賞をダブル受賞。2018年に、映画「のみとり侍」でスクリーンデビュー。その後も「センセイ君主」(2018年)などの話題作に出演。また同年には、初舞台となるミュージカル「魔女の宅急便」にて初主演をつとめている。テレビアニメ「ひそねとまそたん」(2018年)では歌手デビューも果たしている。

毎週土
僕の初恋をキミに捧ぐ
後11・15〜深0・05 テレビ朝日系

 

【第6話あらすじ】
ある夜、小さな棚を運んだ垣野内逞(野村周平)は、その程度の行動で息苦しくなってしまった自分にがく然とする。穣(生瀬勝久)から「前は普通にできたことをやろうとすると、息が苦しいということがあるかもしれない。そのときは極力安静に」と注意を受けたことを思い出す。逞が、体調に異変を感じている中、繭(桜井日奈子)からは「助けて」と連絡が…! 優実(松井愛莉)と一緒にいた繭は、男に後をつけられて困っていたのだ。息苦しさを堪えて出かけようとする逞の姿を見た母・えみ(石田ひかり)は、強引に同行することに。一方の繭と優実の元には、昂(宮沢氷魚)が駆けつけ、助けてくれる。繭の無事を知った逞だったが、えみは繭の元へ向かい「逞になにかあったらどう責任取るの!?」と、怒りをぶちまける。
数日後、病院を訪れた逞は、穣(生瀬勝久)に棚を運んだだけで息苦しくなったことを相談する。それを聞いた穣は、予想外に病状が進行しているかもしれないので、休学して本格的に入院した方がいいと告げる。現状を受け止め、冷静に入院を決意する逞。そんな逞と彼を支えようとする繭を見守る父・寛貴(児嶋一哉)は、二人を入院前最後のデートに送り出す。お守りを買うため、江ノ島へ向かった逞と繭は、つかの間の楽しい時間を過ごす。今が永遠に続けばいいのにと願いながら…。