芳根京子主演「チャンネルはそのまま!」で新人記者役を演じる!

芳根京子が、HTB開局50周年ドラマとして制作される「チャンネルはそのまま!」(北海道テレビ)で主人公・雪丸花子を演じる。さらに、宮下かな子が芳根の同期でしっかり者の新人アナウンサー・花枝まき役に決定!

このドラマは、札幌のローカルテレビ局を舞台に、謎の採用枠“バカ枠”で入社し、不思議なパワーを持つ芳根演じる新入社員・雪丸が、できる同期や上司、周囲のテレビマンたちを巻き込みながら繰り広げる騒々しい日々を描いた痛快コメディー。

 

芳根京子コメント
芳根京子、”テレビの人”になっちゃいます! このたび、とってもとってもおめでたい北海道テレビの開局50周年の記念ドラマ「チャンネルはそのまま!」でローカル局の新人記者・雪丸花子を務めさせていただきます! “バカ枠”として採用された(ことを自分では知らない)花子は、うっとうしいけど憎めないし、なぜだかみんな気になっちゃう“天然記念保護動物”のような存在だとスタッフさんからお話を聞きました。原作も読ませていただき、今までの経験を“バカ枠”として発揮できることが楽しみで、待ち遠しくてたまりません! 花子が育った北海道で実際に撮影できるので、豊かな緑や明るくにぎやかなスタッフさんたちに囲まれながら、おいしい空気や食べ物をたっくさん吸収して、濃ゆい花子の人生をスキップで進んでいきたいです。一人でも多くの方に「こいつ、大丈夫かな」と、ドキドキゲラゲラ楽しんでいただけたらうれしいです。

 

 

宮下かな子コメント
漫画を読みながら、私も登場人物たちと同じように、雪丸の魅力とパワーに完全に引き込まれてしまい、声を出して笑っていました。私自身、中学生の頃、アナウンサーの仕事に憧れていたので、花枝まき役としてこの作品に参加できることが本当にうれしいです。花枝の抱く葛藤も含め、テレビ界で働く新人たちのドタバタな毎日と、彼らの熱い情熱を、皆様に楽しくお届けできるように頑張りたいと思います。連続ドラマに参加すること、原作のあるキャラクターを演じること、どちらも私にとって初めての経験となります。精一杯、全力で花枝まきとして生きようと思います。よろしくお願いします!
2019年3月放送予定
HTB開局50周年ドラマ「チャンネルはそのまま!」
北海道テレビ