山田杏奈が「グッド・ドクター」に出演。高校生で子を産む母を「大切に演じたい」 

本日、7/19(木)放送のドラマ「グッド・ドクター」(フジテレビ系)の第2話に山田杏奈の出演が決定。

本作は、自閉症スペクトラム障がいでコミュニケーション能力に障がいを抱える一方、驚異的な記憶力を持つサヴァン症候群の主人公・新堂湊(山﨑賢人)が、子どもたちの命のために闘い、子どもたちとともに成長していく姿を情感豊かに描くメディカル・ヒューマンドラマ。山田は妊娠中の女子高生・菅原唯菜を演じる。

破水し、緊急出産をすることになった唯菜(山田)。産まれてきた赤ん坊は、低出生体重児で、腸のほとんどが壊死(えし)してしまっている状態のため、唯菜と赤ん坊は湊が勤める東郷記念病院に入院することに。しかし、小児外科の面々は赤ん坊の状態のみならず、唯菜がこれまで定期妊娠検診を受けたことがなく、さらに赤ん坊の父親がどこにいるかわからないことを知り、手術をしても助かる確率は非常に低いため、治療での回復を待つという判断が下される。回復する可能性は手術をして助かる可能性よりも低いのでは、と夏美(上野樹里)が異論を唱えると、術中死というリスクはとらないのが病院のガイドラインだと一喝される。そんな話し合いがなされているとは知らず、NICU(新生児特定集中治療室)の保育器に入っている小さな我が子を見つめ、「・・・ごめんね」とつぶやく唯菜。我が子が死んでしまうのではとおびえている唯菜に湊は、高山(藤木直人)なら助けられると告げるのだが……。

 

山田杏奈コメント

Q.唯菜を演じてのご感想をお願いします。

台本をいただいた時に意思の強い、赤ちゃんへの愛が深い子だなと思いました。高校生で子どもを身ごもって生む、という選択をするのは相当な覚悟だと思いますし、そこに至るまでの過程を踏まえて大切に演じたいと思いました。

Q.初共演となる主演の山﨑さん、上野さんと実際に共演してのそれぞれのご感想、また印象に残っているエピソードなどありましたら、教えていただけますでしょうか?

自閉スペクトラム障がいを抱えていることがベースにある上で、伝わるお芝居をするのはとても大変なことだと思っていました。実際に山崎さんとのシーンを終えて、湊先生のあたたかさやまっすぐさに動かされたところがすごく多かったです。上野さんは同じ事務所の先輩なのですがご一緒させていただくのは初めてですごく楽しみにしていました。監督にひとつひとつのセリフを確認されていたり、とにかくお芝居に対して真摯(しんし)に向き合われている方でした。夏美先生とのシーンが多かったのですが、こんな先生と出会えた唯菜は本当に幸せだなと日々思いながら撮影していました。

Q.視聴者へ向けて見どころなど、メッセージをお願いします。

湊先生や夏美先生、そして唯菜の小さな命を助けたい、という想いがまっすぐに届いてくる2話になっていると思います。ぜひご覧ください!

 

7/19(木)放送
グッド・ドクター
後10・00~10・54 フジテレビ系
(C)フジテレビ