前田敦子が「居酒屋ふじ」に本人役を演じるも、超能力者という設定!?

現在放送中の土曜ドラマ24「居酒屋ふじ」(テレビ東京系)は、永山絢斗と大森南朋のダブル主演をはじめ、本人役を演じる多くの豪華ゲスト、お笑い芸人・鉄拳の劇中イラスト、NHK朝の連続ドラマ「あまちゃん」のメインテーマで有名な大友良英の劇伴、さらに、語りをとんねるずの木梨憲武が担当するなど、見どころ満載で話題を呼んでいる。このほど、新たな本人役ゲストとして、前田敦子の出演が決定した。

番組では、篠原涼子や椎名桔平、長山洋子など、これまで「ふじ」にちなんで、毎週土曜午後2(ふ)時(じ)に、実在の「ふじ」にゆかりのある豪華本人役ゲストを発表。そして、このたび、第7話の本人役ゲストととして、前田敦子が発表された。

実在の「ふじ」には、前田のサインが三つも飾ってあるという。なお、前田が同局のドラマに出演するのは、「マジすか学園2」以来6年ぶり。元AKB48の中心メンバーとして、華々しく活躍した後、映画やドラマに数多く出演。数々の映画賞も受賞し、女優としての真価を発揮している前田だが、本人役は今回が初めての挑戦になる。 同作のゲスト出演にあたり、前田は「実在の『ふじ』には、AKB48時代に秋元(康)先生に何人かでよく連れて行ってもらいました。お料理は何でもおいしかったので、『ふじ』に行くのが大好きでした。今回本人役なんですが、超能力者という面白い設定も頂いて、“私自身”と“超能力者”という二つの事を考えながらやる…というのが初めての体験で楽しかったです。現場では、共演者の方々の雑談やアドリブの会話を聞いていると、実在の『ふじ』にいるような、リアルで不思議な空間を楽しませてもらいました」と撮影を振り返った。

 

土曜ドラマ24「居酒屋ふじ」
毎週土 深0・20〜0・50 テレビ東京系