先日誕生日を迎えた白石聖のコメントが到着!「恐怖新聞」が8/29(土)スタート!

Q. ホラー作品について。
私自身、ホラー作品を見るのは好きです。オカルト系の番組は興味津々で見てしまいますね。サイコキラーものとか、ちょっとサスペンス要素がある方が好きです。今回が初めてのホラー作品への挑戦ですが、あの中田秀夫監督に撮っていただけることもあり実は不安は少ないんです。今後お芝居をしていくうえで、ひと皮むけるきっかけになるんじゃないかなと私自身もすごく楽しみにしています。ホラーだけに「撮影現場で何も起こらないといいけど」とプロデューサーが仰っていましたが、逆に私が吸い寄せちゃうんじゃないかなとも思っていまして…もし現場で憑依しているところを見かけたら、私をお祓いに連れて行ってください!(笑)

Q. 撮影期間中、リフレッシュ法は?
いま探しています。撮影が始まる前に母親から真剣に「病まないでね、お願いだから」と言われまして(笑)。いつもなら、小学6年生のときから家で飼っている日本猫・モウちゃんと戯れてリフレッシュしているのですが、撮影中は京都にずっと泊まりなのでモウちゃんを連れて来るわけにもいかず…いまのところ、家族と電話かな。

Q. 8月10日は22歳の誕生日でした。
キャスト、スタッフの皆さんにお祝いしていただきました。自分のイラストがデコレーションされたケーキは初めてだったのでうれしかったですね。そのうえ、黒木瞳さんからは本のプレゼントを、佐藤大樹さんからは「恐怖新聞Tシャツ」をいただきました。そのTシャツは中田監督にもあげたようで、監督が着ていらっしゃるのを見て私も先日現場に着て行きました。あと、佐藤さんからはスパのチケットも(笑)…優しい人です。

<次ページ:続けて、読者へのメッセージも!>