乃木坂46・齋藤飛鳥が涙した! ドラマ“映像研”いよいよ最終回

部活動の存続か、消滅を大・生徒会が審議する「予算審議委員会」の開催がいよいよ迫る。映像研は活動実績としてアニメを制作。浅草みどり(齋藤飛鳥)と水崎ツバメ(山下美月)が完成に向けて急ピッチで画を描き上げていくが、このままでは間に合わない状況。

 

すると、金森さやか(梅澤美波)が、校内で暗躍する通称“ゲバラ”に、とある交渉を持ち掛ける……!? そして迎えた予算審議委員会当日。“映像研”は存続することができるのか?

 

みどころの1つとなる、大迫力の予算審議委員会のシーンでは、大多数のキャストが集結。その中でも、齋藤飛鳥が演じる“超人見知り”な浅草みどりが、勇気を振り絞り、涙をためながら長セリフで叫ぶシーンは必見! 最終回は、これまで以上に目を離せない展開が期待できる。

 

“映像研”の3人が制作するアニメの全貌は明らかになるのか……!?

 

 

毎週火
映像研には手を出すな!
深1・28〜1・58 TBSほか
※地域により放送日時が異なります

 

 

©2020 「映像研」実写ドラマ化作戦会議 ©2016 大童澄瞳/小学館