SKE48・高柳明音が横浜アリーナから今の心境を打ち明ける!

今春の卒業を発表し、3月15日に卒業コンサートを開催する予定だったSKE48・高柳明音がShowroomを配信。自身の卒業について報告した。

本来であれば、横浜アリーナにて「SKE48アリーナコンサート in 横浜アリーナ 私の兆し、皆の兆し~あかねまちゅりだ!~」と題した卒業コンサートの開演時間だった午後6時30分に、SKE48公式Youtubeチャンネルでは「恋を語る詩人になれなくて」の公演映像を公開。続けて「誰かの耳」、「美しい狩り」、「兆し」を、コンサートの代わりのように順次公開していった。

午後7時、Showroomでの高柳明音特別配信がスタートすると、横浜アリーナに高柳明音が登場。「みなさん、お待たせしました」と配信が始まった途端、思わずこみあげてくる涙を押さえられない高柳の姿が。「卒業コンサート中止の発表をした時は、すごく心は苦しかったけど前向きに考えていこうって決めて今日に至るんですが、昨日の夜唐突に、あーライブできないんだって思って。夢の中で考えるようなセットリストを作って動き始めていたのに、それを実際に今日届けられないっていうことが、ここに来たら現実味をおびてしまって、ほんとに私ここで卒業できなかったんだなって改めて実感してしまいました。一言で表すのは難しいんですが、さみしいし、悔しいし、切ないし、でも仕方ないし。そんな言葉で片付けられないくらいホントにみんなには楽しみにしてもらっていたと思うので、感極まってしまいました。これが素直な今の気持ちです」と、改めてコンサート中止決断の思いについて語った。「高柳だけでも横アリ行こうかってスタッフさんが言ってくれて、チケットもありがたいことに完売していたし、こんなに素敵なところでコンサートができる予定で、スケジュールをとってくれていた方がたくさんいらっしゃったのに、できなくて申し訳ない気持ちもあります」と残念な思いを伝えた。

 

<次ページ:高柳明音が卒業時期について報告&オフィシャルグッズ販売情報も!>