菅井友香&長濱ねる&渡辺梨加&渡邉理佐ら欅坂46が永谷園とコラボ

「永谷園×欅坂46お茶づけで会いましょう!キャンペーン発表会」が開催され、欅坂46の菅井友香、長濱ねる、渡辺梨加、渡邉理佐が登場した。

10月中旬から永谷園より、欅坂46メンバー18名と全員集合の1枚の計19種類と、シークレットカード5種類がランダムで封入された特別パッケージの「お茶づけ海苔」「さけ茶づけ」が発売されており、11/2(金)からは、欅坂46のライブ映像に交え、メンバーらが登場する新CMがテレビ&ラジオで公開される。

会見でCMを視聴した菅井は「ついこの間、9月まで開催していたライブの映像を、こうしてCMに使っていただいて本当にうれしく思います。欅坂46のライブフォトがカードとして採用されるのも初めてで、私たちも発売をすごく楽しみにしていました」と笑顔で答えた。

登壇したメンバーはそれぞれ、商品に封入されるカードのパネルを手に、「写真をよく見ると星があるんですよ。どこかというと、前髪が汗で変な形になって、ちょうど星形になっているので、それをぜひ見てみてほしい」(菅井)、「自分でもライブ中どんな顔をしているのかとか、あまり見れないので新鮮な写真です」(長濱)、「楽しそうだなぁ(笑)」(渡辺)、「なんとなくは覚えてるんですけど、笑っているのできっと楽しんでいるんじゃないかなと思います!」(渡邉)と、自身のカードについてコメント。

長濱が「ゆっか(菅井)の星がすごい気になっていて。集めてくださる皆さんも星を見られるように、楽しみになるんじゃないかなと思います!」と奇跡のショットをPRすると、菅井も「(長濱の写真が)すごくクールで。ねるは笑顔のイメージが多いんですけど、パフォーマンス中の目力がかっこいいなと思って。このカードを自分で当てたんですけど、大切にしています(笑)」と、自ら商品を購入し長濱のカードを当てたことを明かした。

お茶づけに合うトッピングの自身のベストワンを紹介する場面では、菅井が「煮穴子」、長濱が「カラスミ」、渡辺が「納豆」、渡邉が「ハラコ」と回答。それぞれが、地元の特産物や好きな食べ物から選出した。

CMの振り付けについて聞かれた渡邉は、「タイミングを合わせるのが難しくて、何回も調節しながらやりました」と述べつつも、激しいダンスを踊るための秘訣として、体力作りのために日頃から歩くことを心がけていると告白!

また、会見では「普段料理はするのか」という質問も飛び出し、長濱は「一人暮らしなので、今の季節は鍋を作っています。豆乳鍋とかキムチ鍋を作っています!」と回答。得意料理を聞かれると、「父が卵が好きなので、オムライスとかを父に作っていました」と照れた表情をみせた。菅井は「料理ができる鈴本(美愉)に、(率先して)引っ張ってもらって作りました」と、メンバーの鈴本、佐藤詩織と一緒にチーズ入りのアメリカンドックを作ったエピソードを披露した。

最後に今年やり残したことについて聞かれ、渡辺は「芋掘り」と一言。司会者に説明をうながされると「さつまいもが大好きなので。(掘った芋で)焼き芋がしたいです」と述べ、会場を和ませた。

(C)東京ニュース通信社