新木優子がパラリーガル役で月9「SUITS/スーツ」に出演!

10月クールの月9ドラマ「SUITS/スーツ」(フジテレビ系)にパラリーガル役として新木優子が出演!

同ドラマは2011年にアメリカNBCユニバーサルのUSAネットワークで放送され、初回視聴者数が460万人超を記録した全米大ヒットドラマ「SUITS」を原作とした弁護士ドラマ。

本作は、織田裕二演じる“敏腕ながら傲慢なエリート弁護士”甲斐正午と、中島裕翔演じる“その日暮らしの天才フリーター”鈴木大貴の相容れることのない凸凹な2人がバディを組み、数々の難解な訴訟をあらゆる手段で解決していく。

新木が演じる聖澤真琴は、2人が勤務する「幸村・上杉法律事務所」で働く優秀なパラリーガル。父の影響で幼い頃から弁護士を目指していて、司法試験に何度も挑戦するが本番で持っている実力を発揮できず、夢を叶えられずにいる学歴コンプレックスを持っている。

新木優子コメント
原作ドラマ「SUITS/スーツ」の印象
現在、シーズン8が放送中ということで、皆さんに愛される作品なんだろうなと思っていましたが、実際に拝見して、日本版では織田さんが演じられる主人公が色気のあるダークヒーロー的に見えるところがステキでしたし、日本のドラマにはない要素がたくさん詰まっていて面白かったです。また、ドラマに登場する女性たちが、かっこよく描かれているところも魅力的でした。漫画や小説の原作ものを演じさせて頂いたことはありますが、今回のように原作が先に映像としてあるというのは、本当に新鮮ですね。日本版として、どうやって原作の良い部分を抽出して、私なりの“真琴”を作っていくのか、すごく難しいですね。原作ではメーガン・マークルさんが演じられていますが、それがあまりに完璧すぎて。メーガンさんは私生活まで完璧なので(笑)。でも逆に、気が引き締まって良い緊張感で撮影に臨めています。

主演の織田裕二とは初共演
まだ、読み合わせの際にお会いしただけなんですけど、厳格でストイックで緊張感のある方というイメージを持っていましたが、初対面の際にもすごくニコニコされていて、良い意味でイメージが変わりました。

中島裕翔との共演について
私は、今日が撮影初日で、すごく緊張していたんですが、中島さんとの共演シーンだったので、安心感がありました(笑)。撮影初日で試行錯誤していましたので、最初のシーンが一人きりではなく、中島さんと一緒のシーンで、本当に心強かったです。

演じる「聖澤真琴」について
できる女性で自分に自信はあるものの、なかなか弁護士資格を取得できずに劣等感を抱えていて、強気で負けず嫌いだけど、どこかで1歩引いている女性です。自分自身と比べて、負けず嫌いなところは似ているかなと思いますが、弁護士資格取得を目指すほど頭が良くて回転が速いところは全然違いますね(笑)。私自身もサバサバしている部分があるので、今回のような役柄は演じやすいかもしれません。同じ月9ドラマ「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-THE THIRD SEASON」の半人前な横峯あかりのイメージが皆さんの中で強いと思いますので、この作品では新たな一面を見せられたらな、と。

初めて演じるパラリーガル役について
これまで、さまざまな役を演じさせて頂きましたが、パラリーガルは初挑戦になります。弁護士ドラマは難解な専門用語が多いイメージな上に、演じる真琴はできる女性なので、六法全書でも読もうかなと思っています(笑)。

原作「SUITS」でメーガン・マークルの役を演じることについて
メーガンさんは女優としてもご活躍され、私生活ではイギリス王室のヘンリー王子とご結婚されたわけですから、憧れますよね。メーガンさんはご結婚されて、イギリス国民の方々にすごく愛されているので、私も愛される人になりたいなと思います。

メッセージ
同じフジテレビさんの月9ドラマ「コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-THE THIRD SEASON」をご覧頂いた方にも、新しい“新木優子”をお見せできる作品になると思います。「SUITS/スーツ」は会話のテンポ感が良い作品で、中島さんが演じられる大貴と真琴の間に、ちょっとしたロマンスもあるかもしれないので、是非楽しんで頂けたらうれしいです。

10月スタート
SUITS/スーツ
毎週月 後9・00~9・54 フジテレビ系
(C)フジテレビ