森川葵が連続ドラマ「文学処女」で、恋も男も知らないヒロインに

森川葵が9月スタートの連続ドラマ「文学処女」(TBSほか)に出演! ヒロインを演じる森川と、その相手役となる城田優のダブル主演で遅咲きの恋が描かれる。

原作は、恋を知らない女と恋ができない男の歪な関係から生まれる遅咲きの恋を描いた同名のLINEマンガ。文芸編集部の月白鹿子(森川)は、26歳にしていまだ本当の恋も、男も知らない。しかし、ひとまわり以上も年上の人気小説家・加賀屋朔(城田)の担当編集になったことで、はじめて欲を自覚していく……。

 

森川葵コメント
クランクインするまでに鹿子のことが知りたくて、何度も何度も原作を読み返しました。すると鹿子のことをたくさん知ることができただけでなく、本当に加賀屋朔という人間に恋をしていきました。そんなまだ抱いたばかりのピュアな気持ちを込めて、毎日鹿子として過ごしている日々が明るくて本当に楽しくいい撮影をしています。ぜひ放送を楽しみにしていてください。

 

9/11(火)スタート!
文学処女
毎週火 深1・28~1・58 TBSほか
※地域により放送日時が異なります

(C)「文学処女」製作委員会・MBS