映画「SCOOP!」舞台あいさつで、二階堂ふみが自身をスクープ

二階堂ふみが映画「SCOOP!」の初日舞台あいさつに主演の福山雅治らとともに登壇。

映画「SCOOP!」は、写真週刊誌の編集部を舞台に、福山演じるパパラッチ・都城静が二階堂演じる新人記者・行川野火とひょんなことからコンビを組まされることになり、まったく噛み合わない凹凸コンビの2人が、さまざまなスクープ連発していくというストーリー。

20161001_news_nikaido_main

二階堂は「私が今まで演じてきた役は、どこか筋のあるキャラクター性が強い役が多かったんです。でも私が今回演じた野火は、撮影が進むにつれ、少しずつキャラクターも変化していって…、それがとても新鮮でした。毎回の現場が恋しくて、楽しい現場でした」と振り返った。

また、映画「SCOOP!」にちなんで、スクープネタはあるかという質問に、二階堂は「未だに、小学校5年性の時に買った、スカートをはいています。身長はあまり変わっていないのかな」と自身の知られざる秘密を明かし、会場を沸かす場面も。

福山は、二階堂について「どんな芝居でも受け止めてくれて、自由にできた」と大絶賛。二階堂は「福山さんという大先輩の相棒役ができて、この方のためにと思って、毎回の現場に入っていました。緊張していたのですが、こうやって褒めていただけたのでよかった」と笑顔を見せた。

 

 

映画「SCOOP!」全国東宝系ほかで公開中