大幡しえり「仮面ライダージオウ」で未来からやってきたヒロインに 

9/2(日)スタートの「仮面ライダージオウ」(テレビ朝日系)のヒロイン・ツクヨミに、大幡しえりが決定したことが会見で発表された。

本作は、2000年にスタートした「平成仮面ライダーシリーズ」の20作品目の記念作。主人公・常磐ソウゴ(奥野壮)が仮面ライダージオウに変身し、現在・過去・未来のあらゆる“時”を救うために戦う。

大幡演じるツクヨミは、ソウゴの命を奪おうとする明光院ゲイツ(押田岳)を追って、50年後の未来からやってくる。ソウゴを抹殺するのではなく、魔王の力を手に入れないように働きかけるが、ソウゴの“正義の闘い”を目の当たりにするうちに心が変化していく。

大幡は、「(ツクヨミは)意志の強さや、優しさなどがとてもたくさん出ている女性だと感じました。視聴者の皆様に意志の強さと優しさが届けられるように精一杯がんばります」と、力強く語った。共演者からは“しぇりー”という愛称で呼ばれており、奥野壮に「天然」と紹介されると、すぐさま「違います!」と否定し、和気あいあいとした現場の雰囲気が伝わってきた。

 

 

9/2(日)スタート
仮面ライダージオウ
前9・00~9・30 テレビ朝日系

(C)2018 石森プロ・テレビ朝日・ADK・東映