声優 貫井柚佳さん&前田佳織里さんからアニメ放送開始記念コメントが!

噂の極道アイドル「ゴクドルズ」を演じる貫井柚佳さん&前田佳織里さんに放送開始記念インタビュー!

7/3(火)の深夜から放送がスタートしたTVアニメ「Back Street Girls -ゴクドルズ-」。わけあって全身整形+性転換をした極道の男3人組が、「ゴクドルズ」の名前でまさかのアイドルデビュー。しかも“売れてしまった”からこそ起こる、悲喜こもごもや“アイドルあるある”を描くという衝撃のコメディー作品だ。
放送開始を記念して、B.L.T.webでは「ゴクドルズ」の3人がアイドルをしている女性時のCVを担当する貫井柚佳さん、前田佳織里さん、赤尾ひかるさんの3人による短期連載をスタート。初回は貫井さんと前田さんのコメントを紹介します!


左から貫井柚佳さん、前田佳織里さん。

 



カメラのセッティング中、こっそりふざけ合っていたふたり。ここに赤尾さんも加わると仲が良すぎて大騒ぎになってしまうそう。

 

「Back Street Girls -ゴクドルズ-」がスタートしますね。原作がある作品ですが、お二人はご存知でしたか?

貫井柚佳(以降、貫井)「実は、オーディション受ける前から原作は知っていました。すっごい設定の漫画があるぞ、と。実際に原作を読み始めたのはオーディションを受けさせていただくことが決まった時ですが、読んだら本当に衝撃の展開と面白さがぐわ~っと1話から広がっていくんです。この作品がアニメになったら絶対に面白い!!!! って期待が膨らみました。だから、もし関わることができたら本当に楽しいだろうなって思っていたんです」。
前田佳織里(以降、前田)「私はオーディションの際に初めて原作を読ませていただきました。もともとギャグアニメや漫画が好きで見たり読んだりはしていたのですが、アニメで『極道』っていう設定自体もあまりみかけないと思うし、あったとしてもゲーム作品の『龍が如く。』みたいに、普通は男同士、組同士の抗争とかを中心にした任侠作品になると思うんです。でもこの作品はギャグですし、主人公の3人がスタート時からタイに全身整形と性転換をしに行って、帰国後はアイドルとして売れているという前提で物語が始まるんです。だから、『何だこれは!? 面白過ぎだろう!!』って思いました(笑)」。

役が決まった時、どう思われました?

貫井「私は、山本アイリ(健太郎)役に合格したと聞いたとき、大声で叫んで喜びました! この作品は『極道がアイドルに』『全身整形で性転換!?』という『めったにない設定』です。こんなにステキなキャラクターを、今後、私は演じさせていただく機会はもうないだろうな……とも思っていたので、この役を演じることができるようになって、本当にうれしかったんです」。
前田「私は立花マリ(リョウ)役をスタジオオーディションではなくテープ(音声)のみで受けて、かなり珍しい経験になりました。テープを作る上で、マネージャーと相談しながら『こういうふうにやろう、ここはそうじゃない』と何度も録音したのですが、正直なところぜんぜん思ったような声を出せなかったと思っていたんです。でも、『楽しかったな、やり切ったな』ってどこかで思ってもいました。なので受かったと聞いたときは『嘘やろ!? 夢って叶うんだ!!』って。厳しく指導してくれたマネージャーにも感謝して、涙と鼻水と……いろいろ垂らしながら号泣しました」。

……スゴイというか、衝撃の設定のヒロインたちが登場する作品ですが、演じるうえでポイントなどありますか?

前田「私は世界観を壊さずに、どう自分の殻を破れるかが勝負になると思っています」。
貫井「外見は女子であり、中身は女子ではないですからね。ゴクドルズは、見た目はアイドル、中身が極道である、という……」。

ある意味、「男女逆転劇」になりますね。演者が2名いる点で、どんなことに気をつけていますか?

貫井「男性の山本健太郎(アイリ)の役を演じている小野大輔さんのお芝居をよく見て、吸収するようにしています。私だけのプランではなく、小野さんが描く健太郎を大事にして演じたいと思っていて。アフレコ時には台本やVTRのチェックをして臨みますが、あまり作り込み過ぎずにその場で生モノとして『あぁ、こういう健太郎の一面もあるんだ』って思ったら、即参考にさせていただいています。それでも迷ってしまった時には、小野さんに相談させていただいてのお力をお借りしています。どんな些細な事でも一緒に考えてくださり、アドバイスをしていただけることは本当にありがたい事です」。
前田「マリは3人の中では比較的クールな役どころです。男性の立花リョウ(マリ)を演じている日野聡さんもよくおっしゃっている事なのですが、クールな立ち位置だからこそ『面白く遊ぼう!』と。そして、『お互いがんばろう』って言ってくださって。小野さんもそうなのですが、立花リョウ(マリ)役の日野聡さん、杉原和彦(チカ)役の興津和幸さんたちも含めて、本当に共演の皆さんやスタッフさんたちに助けていただいています」。

ゴクドルズは3人グループですが、そのバランスやポジションはどんな感じなのでしょう。

貫井「アイリは弟分たちを引っ張っていくという使命や、アイドルとしても2人を引っ張っていくというポジションです。だからゴクドルズの3人として親分と話すときも、まず第一声はアイリがしゃべり出すという……やっぱりリーダーなんですよね」。
前田「私、アイリの爆発力がすごい好きなんです。役柄的に一番熱血ですし、親分に対しての気持ちも強い。アニキ自慢になってしまうのですが、私、アニキの事がめっちゃ好きなんです。毎収録楽しみにしているんですよ!」
貫井「私も収録楽しみだよ~♪ 本当にゴクドルズのメンバー3人はバランスが絶妙なんです。作中のバランスもそうですが、私たちゴクドルズ虹組も演じているキャラクターに共通する部分があって、いろいろな点で少しずつ似ているんです。今日は怪我のために取材に参加できませんでしたが赤尾ひかるちゃんが演じているチカの“妹感”……あれ、“弟感”?  わかんなくなっちゃいますね(笑)。そんな弟分的な可愛らしさや愛嬌は、チカとひかるちゃんに共通するところだと思うんです」。
前田「ひかるちゃんの怪我が1日も早く治ることを祈っていますが、本当に3人でいるところをお見せしたかった! 彼女は柔軟性がすごいんです。ゴクドルズ虹組でいろんな企画に挑戦するといつも記録が高くて。器用っていうか、天才肌っていうか……奇跡を起こすタイプ? 3人の立ち位置はリーダーのアイリはすごくしっかりしていて、チカがぼけまくって、私が演じるマリがそれに火傷しつつも突っ込んでいって……っていう感じです。 チカは原作でも一番アイドルとしても順応していて、それを見たアイリとマリが『おいおい、それはちゃうやろ!』って」。
貫井「表ではアイドルだけど、心は『極道として違うだろ』ってね(笑)」。

立ち位置が原作と一緒でかなり明確なんですね。それではいよいよ今晩放送がスタート。締めの一言をお願いします。

貫井&前田「男性キャストの心の叫びもすごく面白いし、私たち3人の叫びもすごいので、ぜひ今晩の第1話を見逃さないでくださいね!! ゴクドルズとゴクドルズ虹組、どちらも応援よろしくお願いしま~す!!!!」。

 

 

PROFILE
アニメ「Back Street Girls -ゴクドルズ-」の放送に合わせて、ヒロイン(!?)3人を演じるキャスト3人が声優ユニット「ゴクドルズ虹組」として活動中。背景のイラストは怪我のため取材に参加できなかった赤尾ひかるの快癒を願い、赤尾が演じる杉原チカを2人が描いたもの。
貫井柚佳

12・30東京都出身。A型。山羊座。活動状況はTwitterをチェック。
前田佳織里

’96・4・25福岡県出身。A型。牡牛座。活動状況はTwitterをチェック。

 

「Back Street Girls -ゴクドルズ-」
毎週(火)深1・30~2・00 TOKYO MXほか

極道の男3人組が自身のしでかした一件の落とし前をつけるために、タイへ飛び立った! 組長の命で、全身整形+性転換をして、帰国した彼らは「ゴクドルズ」の名前でアイドルデビュー。見た目は美少女、心は極道、そんな3人がアイドルとして売れてしまったら……!?
2話以降の情報はコチラで!

 

 

 

 

photo=Marco Perboni