バンド&アイドル変幻自在のPASSPO☆のステージに大密着!②

「歌って踊って奏でるツアー 2017→2018」の大阪・阿倍野ROCKTOWNを完全レポート

ライブツアー「歌って踊って奏でるツアー 2017→2018」(通称「ててでるツアー」)が、大阪の阿倍野ROCKTOWN公演をレポート第2弾! 今回は第2部(夜公演)を紹介!

 

●第2部セットリスト
ギミギミaction
7’s Up
NASA!~なんであいつ好きなんだ、嗚呼~
Cosmic You
(MC)
ヘブンズバーガー
無敵GIRL
マテリアルGirl
すてんだっぷガールズ! ~第1話 ダメダメ怪獣にご用心~
キス=スキ(玉井・安斉・根岸)(アコースティック ver.)
Wish on a Star(岩村・森・増井・藤本)(アコースティック ver.)
(MC)
BEAST IN YOU
WANTED!!
PlayGround
WING
STEP & GO
Pretty Lie
(アンコール)
Music Navigation
バチェロレッテは終わらない


BAND PASSPO☆が放った1部のパワフルな余韻が残る中、新たな観客が会場になだれ込むや、空気は一気に2部のダンスパフォーマンスを迎える熱気へ!

あいぽん(根岸愛)のフライト・アナウンスが流れ、パッセンジャー(観客)のエンジンも点火。7人の登場と共に、聞こえてくるのは、1部と同じ「ギミギミaction」のイントロ! この季節にピッタリのナンバーをバンドとダンスバージョンの両方で味わえる幸せに会場は大興奮。その勢いのまま「7’s Up」で、クルー(メンバー)の個性を歌い上げ、パッセンジャーも誘導灯をクルーの色に変えながら名前を叫んでいく。

続いて、なちゅ(岩村捺未)ゆっきぃ(藤本有紀美)がメインを張る「NASA!~なんであいつ好きなんだ、嗚呼~」の異次元ダンス&ボーカルでパッセンジャーを異空間へといざなうと、さらに宇宙つながりの「Cosmic You」がキラキラした星空のようなオーラで会場を満たす!

2部の自己紹介はなちゅの「ダメ人間界のカリスマ~」で始まる定番スタイル。「7’s Up」でみおみお(増井みお)が「ゾンビより怖いのは人間さ!」を「人間より怖いのはゾンビさ!」とまちがえ、いきなりのダメ出し合戦。そんなみおみおなちゅのセリフで始まる「ヘブンズバーガー」でカリフォルニアの風を吹かせたあとは、インディーズ時代の「無敵GIRL」に始まり、「マテリアルGirl」、そして最新シングルの「すてんだっぷガールズ! ~第1話 ダメダメ怪獣にご用心~」と、7年越しの“ガールもの”3連発で、新旧のパッセンジャーを怒濤のジェットエンジンでまとめあげる!

そのまま、なちゅもりし(森詩織)みおみおゆっきぃが舞台裏へ。ステージはあいぽんなおみん(安斉奈緒美)あんにゃ(玉井杏奈)の3人のみに。何が始まるのかと思いきや、あんにゃが「息を整えて……。それではこの3人で『キス=スキ』」と曲紹介。すると優しいギターのアルペジオが流れ出し、バラード調の「キス=スキ」が幕を開けた。切々と歌い上げる3人の声が絡み合い、やがて輝きながら立ち上がっていく様子は、クリスマスツリーが完成していくよう。

今度は、なちゅもりしみおみおゆっきぃが入れ替わり、美しい鍵盤の旋律から始まる「Wish on a Star」のアコースティック・バージョン。「♪神様お願い……」の切ないフレーズが、よりいっそう胸に迫るミディアム・アレンジ。場内も静まり返り、4人の声に聞き入っている。「『歌って踊って奏でる』の『歌』の部分をフューチャーしてみました」という、あいぽんの説明に拍手喝采で感動を伝える。

そして終わったばかりのハロウィンの話題へ移り、「ここからはハロウィン気分で!」と、モンスターナンバーの「BEAST IN YOU」「WANTED!!」で、もりしの声量も冴えまくり、さらにみおみおが愛するゾンビソング「PlayGround」でハロウィン的な盛り上がりはピークへ。そこから下り坂を加速するようにクライマックスの空気が爆発! 場内を切り裂くような「WING」の熱唱、「STEP & GO」で歌え、踊れのお祭り騒ぎに!

「ツアーの初日に来ていただいたことへの感謝に代えて、私たちの大好きな曲を最後に……」と、あんにゃの言葉で「Pretty Lie」のイントロが場内にきらめいた! PASSPO☆の歴史と共にある「Pretty Lie」に心打たれながら、ステージは着陸態勢へ……と思いきや、PASSPO☆コールのタッチ&ゴーで、一瞬にしてアンコールの盛り上がり。それに応える「Music Navigation」のパフォーマンスは大気圏を突破する勢い! そしてクルーたちが改めて初日への想いや感謝の気持ちを述べると、PASSPO☆が誇るパーティーナンバーの最高峰「バチェロレッテは終わらない」が上空から降り注ぎ、「♪このまま、行けるところまで行こうよ」という歌詞通り、宇宙の果てまで飛ぶ勢いで、初日のフライトはフィナーレを迎えた!!

 

歌って踊って奏でる! PASSPO☆のフライトは“禁断の果実”

2014年の春に発売された12thシングル「Perfect Sky」で、初めてBAND PASSPO☆をお披露目してから3年半。BANDとして、2部のカラオケなどと遜色のない演奏で会場を盛り上げる7人の成長と実力は“驚嘆”以外の何ものでもない。

「バンドをやってみたい」と夢を語るアイドルはいたりもするが、“言う”と“やる”とでは天地雲泥の差。しかも1~2曲ではなく、年に1~2回でもなく、ツアーの一公演として完成させてしまっている、この“奇跡”に、僕たちは度肝を抜かれるのだ。1部がバンド形態、2部が通常の歌&ダンス、という2部構成になっているが、どちらも1時間半~2時間の別ものライブで、観客の楽しみ方も方向を異にしている。

バンドとしてのレパートリーを増やし、どんどん技術を高めていく彼女たちを目の当たりにする楽しさ。生演奏にしか許されない、あのエキサイティングな高揚感が、アイドルのライブで味わえる感動は何にも代え難いのだ。BAND PASSPO☆を見たことのないアイドルファン、のみならず、サイトのあらゆるユーザーに、この奇跡を体験してほしい。

2部のほうは結成以来8年近くに渡ってPASSPO☆が培ってきた極上のステージだ。アメリカン・ガールズ・ロックを標榜する7人が、いかに観客を楽しませ、盛り上げ、恍惚の境地へいざなうかを考え抜き、磨き上げた歌とダンスのライブと言っていい。彼女たちがライブを「フライト」と呼ぶように、天空へのトリップ感はハンパない。

楽曲のクオリティーの高さ、パフォーマンスの洗練度、トークのおもしろさ、一度行ったらやめられい“禁断の果実”とも言えるPASSPO☆のフライト。その全貌を体感できる「歌って踊って奏でるツアー」へ、なるべく早く足を運ぶことをお勧めする!

text=田井庸介


●「歌って踊って奏でるツアー 2017→2018」スケジュール
1/13(土) 埼玉・HEAVEN’S ROCK さいたま新都心 VJ-3
1/20(土) 愛知・RAD HALL
1/21(日) 兵庫・神戸VARIT.
2/4 (日) 東京・WWW-X
【共通項目】
料金…それぞれ3500円(ドリンク代別)
1部…open 13:00/start 13:30
2部…open 17:30/start 18:00