広瀬アリスが朝ドラ初出演!「わろてんか」追加キャスト発表

10月にスタートする連続テレビ小説「わろてんか」(NHK総合)の大阪編の主な出演者が発表され、ヒロイン・藤岡てん役の葵わかな、新たに出演が決まった広瀬アリスらが会見に出席した。

同作は、明治後期の大阪を舞台に、京都の薬種問屋の長女・てん(葵)が、大阪船場の米穀商の跡取り息子で、芸事好きな藤吉(松坂桃李)と駆け落ち同然で結婚し、二人三脚で「笑い」を商売にしていく物語。大阪編では、藤吉の実家についてきたてんが、藤吉の母・啄子(鈴木京香)が決めた許婚(いいなずけ)と嫁の座をかけて修業を競い合うことになり、やがて家業を傾かせてしまった藤吉に「笑い」を商売にすることを提案するストーリーが描かれる。

ヒロイン・藤岡てんを演じる葵は「今、京都編を撮っています。前回発表になったキャストの方とすごく楽しく、明るく、おもしろい撮影をしていて、どんなドラマになるのか自分自身もとっても楽しみになってきている最中ですが、きょうまた大阪編のキャストの方々が発表になって、もっともっと、楽しく、おもしろく、にぎやかなドラマになるんじゃないかなと、今からとっても楽しみです。長いおつきあいになると思うんですけど、笑顔あふれるドラマを一緒に作っていってください。よろしくお願いします」とあいさつ。

てんの恋敵となる秦野リリコ役で朝ドラ初出演する広瀬は、「てんちゃんの恋敵ということで、実際に(葵に)お会いして、こんなかわいらしい子を私がいじめるのかと思うと、本当に心が痛いです」と申し訳なさそうな顔を浮かべつつ、「気合は十分なので、精一杯頑張りたい」と意気込みを語った。

 

10/2(月)スタート
わろてんか
毎週月〜土 前8・00〜8・15 NHK総合