傑作短篇ミステリーを映像化! 土屋太鳳が命を狙われ続ける妊婦役に!

大泉洋、土屋太鳳、向井理の3人がそれぞれ主演するオムニバスドラマ「ドラマ・ミステリーズ〜カリスマ書店員が選んだ珠玉の一冊〜」が、4/22(土)にフジテレビの土曜プレミアム枠で放送される。ドラマはタイトルの通り、日本全国のカリスマ書店員たちが選んだとっておきの短篇ミステリーを映像化。短篇ならではの鮮やかな切れ味(=どんでん返し)が繰り広げられる。監督は犬童一心。

本作で土屋は、北山猛邦原作の「恋煩い」に出演し、命を狙われ続ける妊婦役に挑戦! 彼女が迎える衝撃の結末とは?
アクセサリーショップで販売員として働く蔵元亜希(土屋)は、高校を卒業してから同級生の植田駿(井之脇海)と交際しているが、彼のSNS上で見知らぬ女性とのやりとりを見てしまい浮気の疑いを抱く。亜希と駿は、高校時代に仲の良かった茅野透子(岸井ゆきの)と卒業以来、3年ぶりに会うことになる。再会を果たした透子と亜希。透子は卒業式でプレゼント交換した小瓶を、亜希がいまだに付けていることに気付き、感極まって抱き合う。透子に、駿の子を妊娠したことを打ち明ける亜希。しかし、駿に対する疑いが拭えず、自身が妊娠していることを彼にはまだ話せないでいた。そんな中、駿はかつて3人が通い今は廃校になってしまった高校に、取り壊される前に最後に行ってみようと2人に提案する。思い出が詰まった高校で、ある人間が予想だにしない行動を取る! 4年前に起きた一つの事件も絡みあい……。

土屋太鳳
脚本を読んで、あまりにも哀(かな)しい話だと思いました。悲しいのではなく、哀しい……。誰が悪いわけでもなく、何がきっかけというわけでもなく、いつ、誰がどうすれば、こうならずに済んだのかさえ分からない。運命という言葉が当てはまるのかもしれないですが、それもちがう気がする……。今まで出会ったことのない、つかみどころの無さに、まるで“霧”のような物語だと感じました。
“友情”という感情に不安を感じたことのない人は、きっといないと思うのです。今この瞬間も、SNSの些細な一言や教室の何気ない一瞬に、自分は友だちと本当につながることができているのだろうか、本当は孤独なのではないかと感じている人は、たくさんいるのではないでしょうか。その不安を埋めるため、人はいろいろなことを試します。おまじないだったり、あるいは見て見ぬふりだったり。“恋煩い”は、そんな日常がたどりついてしまう哀しい物語です。苦しさと共に演じました。何かを感じていただけたら幸いです」。

 

4/22(土)放送
土曜プレミアム「ドラマ・ミステリーズ~カリスマ書店員が選んだ珠玉の一冊~」
後9・00~11・10 フジテレビ系

「妻の女友達」大泉洋 高岡早紀 戸田菜穂
「恋煩い」土屋太鳳 岸井ゆきの 井之脇海
「情けは人の…」向井理 小澤征悦 大西利空 市毛良枝


土屋太鳳ちゃんの1stフォトブックはこちら