ドラマ「朗読屋」の会見に吉岡里帆らが登壇「ダブル吉岡の後輩分です」

1/18(水)にNHK BSプレミアムで放送される「山口発地域ドラマ『朗読屋』」の試写会に、主演の吉岡秀隆、吉岡里帆が登壇。

20170110_yoshiokariho_news_tokou

 

 

 

 

 

 

本作品は、山口県が生んだ詩人・中原中也の詩を軸に、山口の美しい風景と誌の朗読かファンタジックに響き合う心温まる物語。

ある日突然、妻に去られ眠れない日々を過ごす主人公の西園寺マモル(吉岡秀隆)が、沢田ひとみ(吉岡里帆)が働く“24時間図書館”を訪れたことをきっかけに物語が展開。中原中也を愛する小笠原玲子(市原悦子)との出会いから、西園寺は思わぬ形で妻の思いを知ることになる……。

「今日は『ダブル吉岡で』という吉岡秀隆のあいさつがあり会見は和やかな雰囲気でスタート。吉岡里帆も「ダブル吉岡の後輩分です。同じ名字という縁もありますが、私からしたら大・大・大・大・大先輩。お会いできたどころか、1対1でお芝居させていただけるなんて」と共演の感動を振り返った。

また吉岡里帆は撮影中、「私は自信がなく、この仕事をいつまで続けられるかと毎回不安に思っている」と、吉岡秀隆に相談したことを明かし、「僕もそうだよ。自信を持ってやっていない方がいいのでは……と丁寧に答えくれてうれしかった」と改めて感謝の気持ちを伝えた。

1/18(水)放送
山口発地域ドラマ「朗読屋」
後10・00〜11・00 NHK BSプレミアム