武井咲が声優に挑戦!! 「ドラゴンクエストヒーローズⅡ」発売!

武井咲が新作アクションRPG「ドラゴンクエストヒーローズⅡ 双子の王と予言の終わり」の完成披露発表会に出演した。

今年は「ドラゴンクエスト」シリーズ生誕30周年! その記念作として、アクションRPG「ドラゴンクエストヒーローズⅡ 双子の王と予言の終わり」が、シリーズの記念日でもある5月27日にスクウェア・エニックスからPlayStation4、PlayStation3、PlayStation Vitaの3機種で発売に。前日には同作の完成披露発表会が開催され、主要キャラクターの声を演じた森山未來、武井咲、山田孝之とゲームデザイナーの堀井雄二氏が出席し、新作ゲームの魅力と「ドラゴンクエスト」シリーズへの愛を語った。

Exif_JPEG_PICTURE
写真は左から山田孝之、森山未來、武井咲、堀井雄二

武井は子どもの頃は「両親が大ファンで、私はゲーム画面をよく見ていました。(ファミコンなどの家庭用ゲーム機から)携帯ゲーム機になってからは私もハマってしまって(笑)」と「ドラクエ」好きを公言。

今作の主人公は騎士の卵であるラゼルと、そのいとこテレシア。この男女ふたりから、ひとりを選ぶことができ、男性主人公・ラゼルの声を森山未來、女性主人公・テレシアの声を武井咲が演じた。そして主人公たちの幼なじみであり、仲間のツェザール王子を山田孝之が担当。

武井は「今回は声だけで表現する難しさがありました。自分がセリフを言ってみて『これはイケたな!』って思っても、聞いてみると『ちょっと違うな……』っていうことも。たくさんの時間をかけてやらせていただきました。呪文だけの収録もあり、呪文を叫んだりするのは通常のお仕事ではあまりない事なので難しかったです。また、ストーリー部分もひとりで収録だったので不安があったのですが、先に森山さんの声が入っていたのは心強かったです。セリフの掛け合いのようにやれたました」と収録時の思い出話を紹介。

 

Exif_JPEG_PICTURE

武井咲が演じたのは主人公のひとり、テレシア。学級委員長のような女の子で決めゼリフは「ちょっと、言うこと聞きなさいよっ!」だという。

20160527_takeiemi3_news_toukou

中央右上、ピンクの髪の毛がテレシア

 

森山は「声を演じたことで驚いたのは、『ドラクエ』の主人公が声を出すんだ!? という事と、堀井さんの演出で初めて呪文の正しい発音が分かった事でした」と語り、武井は堀井氏から「武井さんは『いただきストリート』をやってくれていて、それで『ドラクエ』シリーズのキャラクターを知ってくれていた」と収録時の打ち明け話が。
山田は「『ドラゴンクエスト』をやっている時は、とりあえずツボと樽は全て叩き割ります」と“『ドラクエ』あるある”なコメントで会場を沸かせていた。

 

 

(C)2016 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/KOEI TECMO GAMES/SQUARE ENIX All Rights Reserved.